新着エントリー

レパードステークス2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 前走2勝クラス以上(ただし2勝クラスは1着馬に限る)
② 前走距離ダート1600~2000m

③ 前走3着以内 or 6番人気以内
④ 前走4角9番手以内
⑤ キャリア6~10戦
⑥ 前走馬体重459キロ以上
⑦ 前走間隔中3~12週

 

共通事項を挙げるとすればこんなところでしょう。

そして上記の条件から残った馬はカフジオクタゴン・タイセイドレフォン・シダーの3頭です。

2頭軸なのであと1頭削りたいのですが、上記の表からはこれ以上条件はありません。

よって上記の条件以外から1着条件を探して見ました。

2018年のグリムだけ例外馬となりますが、その条件は…

 

⑧ 過去に1800m以上のレースで勝利経験 又は 1800m以上のOPクラス以上で圏内あり

この条件でシダーが消えてカフジオクタゴン・タイセイドレフォンが残りました。

よって今回はカフジオクタゴンとタイセイドレフォンを軸馬とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としています。

(3連単)
2枠2番タイセイドレフォン
8枠15番カフジオクタゴン
5枠9番ハピ
6枠10番ホウオウルーレット
穴馬(E)(F)

◉→◉〇⇔★各100円×24点=2400円
〇→◉⇔★各100円×16点=1600円
(計4000円)

 

対抗馬1頭目はハピ

過去10年で昨年以外は必ずユニコーンステークスかジャパンダートダービー出走馬は圏内に入っていて、今年対象になるのはビヨンドザファザーとこの馬だけ。

4戦連続上り最速という決め手もあり、圏外になったのも前走のジャパンダートダービー(4着)だけ。

傾向的にも押さえは必要でしょう。

 

対抗馬2頭目はホウオウルーレット

ヘラルドバローズと迷ったがこちらを選んだ。

前走は古馬相手にハンデ戦とはいえ圧勝。

鞍上も福永騎手となれば買わない訳にはいかない。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(E)(F)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(E) ?????

キャリア8戦中7戦がダート1800m。

そして前走は同コースで完勝。

3戦目以降は全く崩れることがなく安定感抜群。

鞍上も今回の枠なら更にパフォーマンスを上げてくれそうな気がします。

 

(F) レッドラパルマ

過去記事で挙げた脚質傾向・血統傾向・穴馬消去法・デスデータ突破馬の項目でパーフェクト通過した馬はこの馬だけ。

鞍上も前走に引き続き継続騎乗なので、その点でも評価は高まった。

はっきり言ってデータだけの推奨馬なのですが、買わないと後悔しそうなので押さえます。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。