新着エントリー

ラジオNIKKEI賞2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは福島競馬場で行われる芝1800m戦。

3歳戦唯一のハンデ重賞ということもあり、毎年波乱傾向が高いレースでもあります。

非常に難解なレースではありますが当たればデカイ。

馬券的には非常に面白い1戦です。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ・先行馬が有利なのは明白だが、逃げ馬に関しては複勝率が圧倒的。

そこで逃げて圏内に入った5頭全てに共通する点を調べてみると…

 

① 斤量54キロ以下
② 前走初角先頭 

③ 前走OPクラス以上出走馬 又は 1勝クラスで1着

 

この条件に該当する馬は

 

タガノフィナーレ
ホウオウノーサイド

 

以上2頭です。

想定人気では最低人気馬とブービー人気馬。

ただハンデ戦なのでノーチャンスではないかも。

 

次いで逃げ・先行勢に目が行ってしまうが、勝ち数では上り3位以内馬が8勝挙げている点にも注目したい。

そこで8勝上げている上り3位以内馬の共通点を調べてみるとその内6頭が…

 

① 前走上り2位以内
② 前走1勝クラス出走馬は1着
③ 前走OPクラス以上出走馬は6着以内
④ 当日4番人気以内

 

この条件に該当する馬は

 

ベジャール

 

以上1頭です。

8頭中6頭が前走上がり2位以内で、且つ当日4番人気以内でした。

ただ今回の上位人気馬の多くが前走G1組なので、前走上がり2位以内という条件は正直酷ですが、あくまでデータから判断すればこの馬だけとなります。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると3番ゲート以内で全体の半数の5勝挙げており、複勝率では7番ゲート以内が比較的複勝率が高いです。

とは言っても外枠がダメというレベルでもない。

 

今度は6番人気以下限定の枠順傾向です。

いつもなら5番人気以下を穴馬として扱っていますが、波乱度がかなり高いレースなので今回は6番人気以下を穴馬として扱います。

これ以降の消去法・デスデータも6番人気以降を穴馬として扱っていきます。

 

 

穴馬で見ると全体傾向と同じく7番ゲート以内が優秀です。

ただ1つ気になるのは近3年の好走穴馬6頭の馬番を見てみると1・2・10・11・12・14番ゲート。

むしろ外枠有利と言える。

ただこれには理由があって二桁馬番から好走した4頭中3頭は元々逃げ馬であったということ。

この3頭は当レースでは初角or4角2番手以内でした。

ということは初角の時点で既にコースロスを帳消しにしているということですね。

それを踏まえて考えるとやはり基本的には内枠有利と考えて良さそう。

上記のデータを考慮して

 

1~7番ゲート有利

 

と判断します。

ただ逃げ馬だけは外枠でも要注意です。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト

又は

父or母父に

・ステイゴールド系

又は

母方に

・グレイソブリン内包馬

です。

昨年は母方にグレイソブリンの血を持つヴァイスメテオールとノースブリッジが圏内に入っています。

 

今回の該当馬は

 

オウケンボルト
ショウナンマグマ
ソネットフレーズ
タガノフィナーレ

 

以上4頭です。

血統だけで言えば注目はオウケンボルト。

父ステイゴールド系で母方にグレイソブリン内包馬です。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~5番人気の上位人気馬消去法6番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は5番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 斤量52キロ以上の前走1勝クラス出走馬で2番人気以内 且つ 2着以内 且つ 上り4位以内
② 斤量54キロ以上の前走OPクラス以上出走馬で4番人気以内 且つ 上り2位以内

 

想定5番人気以内馬で上記の条件①or②に該当する馬は

 

グランディア

 

以上1頭です。

ちなみにサトノヘリオス・ソネットフレーズ・ボーンディスウェイは前走G1出走組ですが、過去10年の前走G1出走馬で当日5番人気以内馬の成績は(0・0・1・7)です。

思った程好走馬はいないですね。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は6番人気以下馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1600m以上
② 斤量53~54キロで前走上り1位 or 4角2番手以内
③ 斤量53~55キロで前走G1出走馬 

 

想定6番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

クロスマジェスティ

 

以上1頭です。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は過去10年の6番人気以下限定のもので、このレースの6番人気以下馬の複勝率は15,2%です。

 

・斤量53~55キロ以外(0・0・0・30)複勝率0%
・前走間隔中13週以上(0・0・0・13)複勝率0%

 

かなり荒れるレースなので過去傾向を探ってみてもこれだと言える程の決定的なデスデータは殆どありませんでした。

このデスデータを全て突破した馬は

 

クロスマジェスティ
ショウナンマグマ
フェーングロッテン
ホウオウノーサイド

 

以上4頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補1頭を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

(B) ?????

このレースで来る穴馬は斤量53~54キロに集中している。

今回主戦騎手から乗り替わりとなるが、今回の鞍上は過去5年で同コース(6・6・6・19)複勝率48,6%で決してマイナス材料にはならないはず。

他にも穴馬消去法・デスデータ突破馬でもあり買い材料はあるので狙ってみたい。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。