新着エントリー

ラジオNIKKEI賞2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 斤量53キロ以上
② 前走8着以内
③ 前走距離1600~2400m

④ キャリア10戦以内
⑤ 前走敗戦馬の着差0.6秒以内
⑥ 前走馬体重440キロ以上
⑦ 前走間隔中3~9週以内
⑧ 前走斤量54~56キロ

 

共通事項を挙げるとすればこんなところでしょう。

そして上記の条件から残った馬はグランディアとフェーングロッテンの2頭です。

この条件ですんなりと2頭まで絞れてしまいました。

よって今回はグランディアとフェーングロッテンを軸馬とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としています。

(3連単)
8枠12番グランディア
3枠3番フェーングロッテン
6枠9番ベジャール
1枠1番サトノヘリオス
穴馬(C)(D)

◉→◉〇⇔★各100円×24点=2400円
〇→◉⇔★各100円×16点=1600円
(計4000円)

 

対抗馬1頭目はベジャール

正直ちょっとマイナス材料が多い気もする。

非内枠・トップハンデ・巨漢馬で小回りに対応できるかどうか?

ただ騎手・前走実績・上り・ノーザンファーム天栄仕上げ等の自分のオリジナルの採点ではトップの馬なので買うことにした。

 

対抗馬2頭目はボーンディスウェイと最後まで迷ったがサトノヘリオスとした。

決め手はズバリ枠順。

理由は以下の表を見てください。

 

 

現在6年連続で2番ゲート以内馬が馬券に絡んでいます。

やはり開幕週で内有利がセオリーか。

本当はボーンディスウェイも買いたいのですが、高配当を狙うためには相手を絞らなくてはならないので、そこが一撃回収の辛いところです(-_-;)

ただこれで2番のホウオウノーサイドの方が来たら泣きます( ;∀;)

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

枠順も良いところを引き、鞍上も週頭では空白だったが結局継続騎乗というのは嬉しい誤算。

また過去記事の血統傾向で紹介した父ステイゴールド系×母方グレイソブリン内包馬という血統的な後押しがある。

3走前には青葉賞2着馬とタイム差なしの勝負をしたくらいの馬なので、人気を考えると妙味ありだと思います。

 

(D) クロスマジェスティ

このレースで来る穴馬は斤量53~54キロに集中している。

今回三浦騎手が負傷により内田騎手に乗り替わってしまうが、他にも過去記事で書いた穴馬消去法・デスデータ突破馬でもあり買い材料はあるので狙ってみたい。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。