ラジオNIKKEI賞2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はラジオNIKKEI賞2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~7番ゲート有利と判断しています。

現時点のオッズを見るとかなりの大混戦。

ここまでオッズが割れるとは思いませんでしたが、とにかく内枠を買っておけ!と言えるオッズですね。

大混戦ではありますが総合的なオッズから判断すると、ボーデン・リッケンバッカー・ヴァイスメテオール・シュヴァリエローズが上位4頭。

それを踏まえて上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠2番ヴァイスメテオールですが、確かに開幕週の内枠は有利ですが近2走とも出遅れで初角10番手以下から競馬をしている馬。

2戦連続上り最速という脚を持っていますが、最内枠でまた出遅れるようだと…ちょっと危険な気もします。

 

次に4枠7番シュヴァリエローズですが、差し馬ですね。

好走ゲートギリギリの7番ゲート内に入り、内過ぎないこの枠はベストでしょう。

 

次に3枠5番ボーデンですが、先行馬の内枠配置は理想的なポジションだと思います。

 

最後に3枠6番リッケンバッカーですが、この馬も問題ないでしょう。

シュヴァリエローズと似たような脚質で、内過ぎない配置。

やや距離不安もあるので丁度よいと思います。

 

本命馬も対抗馬も基本的には1~4番人気から選ぶのが基本。

かなりの大混戦やハンデ戦でもせいぜい6番人気くらいまでから選びます。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の本命馬は

 

3枠5番ボーデン

 

決め手は脚質。

雨予報で差し馬場になる可能性もあるが、やはり開幕週となるとそれなりに前に行ける馬が理想的。

この4頭で比較的に一番前で競馬が出来そうなのはボーデン。

しかも前走では重馬場も経験済み。

心配なのはフレグモーネ明けで、更に鞍上が川田騎手から武藤騎手。

確かに不安要素も多いが、スプリングステークスでは内の悪い馬場であれだけのパフォーマンスを見せたこの馬なら、体調・鞍上面で不安があっても能力だけで圏内は確保できると判断した。

 

対抗馬は

2枠3番アサマノイタズラ
4枠7番シュヴァリエローズ
3枠6番リッケンバッカー

 

NHKマイルカップで上り最速4着のリッケンバッカー、過去5年で複勝率80%のディープ産駒のシュヴァリエローズ、最後にヴァイスメテオールではなくアサマノイタズラを選んだ。

やはりヴァイスメテオールの出遅れ癖と最内枠は危険すぎる。

アサマノイタズラのトップハンデは気になるが理想的な内枠を引き、陣営が望んでいた道悪競馬になる可能性大。

思ったより人気落ちしているのも魅力です。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが3連単勝負です。

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着) 
3枠5番ボーデン

(2・3着)
2枠3番アサマノイタズラ
4枠7番シュヴァリエローズ
3枠6番リッケンバッカー

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×18点

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着)
2枠3番アサマノイタズラ
4枠7番シュヴァリエローズ
3枠6番リッケンバッカー

(2・3着)
3枠5番ボーデン

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×18点

(計 3600円)

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

雨の影響で差し馬場になる可能性もあるが、セオリー通り前中心で狙っていきます。

(C) ?????

当初ノースブリッジとこの馬が逃げ争いの可能性が高いとみていたが、ノースブリッジ陣営は逃げにはこだわらない、この馬の陣営は逆に逃げを主張するようなコメントがあった。

しかも今回の枠はノースブリッジより内側に配置されたのも良い。

それでもベストな配置ではないが、枠の並び的には逃げ・先行勢の多くは外寄りの配置。

これなら単騎逃げの可能性がかなり高くなる。

ベタだが開幕週の逃げ馬を狙ってみます。

(D) ?????

過去記事の脚質傾向と穴馬消去法で挙げたこの馬に期待。

逃げ争いの可能性が低くなり、この馬に向く前有利な可能性が余計に出てきた。

やや外目の枠に入ったのは残念だが、開幕週なのでとにかく前に行けるこの馬を選ぶ。

また過去5年で同コース複勝率50%超えの鞍上にも期待しています。

(E) プレイイットサム

この馬も(D)馬と同じ理由。

穴馬消去法で挙げた馬であり、脚質的にも小回りコースで良さが出るはず。

連勝中の勢いもあり、近2走共に4角2番手以内でありながら上り最速。

枠順も絶好枠でデビューから3戦して3着以下無しというまだ底が見えていない点でも魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です