ホープフルステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はホープフルステークス2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では9番ゲート以降有利と判断しています。

ただあくまで穴で来るならという感じですかね。

人気馬に関しては内枠でも問題なし。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番オーソクレース2枠2番ヨーホーレイクですが、この2頭は共に8頭立て以上のレース経験がない。

走ってみなければわからないが、いきなり15頭立ての1・2番ゲートというのはやや不安が残ります。

多頭数経験無しというのがどう出るか。

特にオーソクレースはスタートが良くない。

 

次に2枠3番ランドオブリバティですが、近2走とも番手競馬なので内枠というのはプラスではないでしょうか。

 

最後に6枠10番ダノンザキッドですが、ジャスタウェイ産駒なので2000mまでが好走範囲という印象がある。

距離ロスの少ないもう少し内目でも良かったかも。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
6枠10番ダノンザキッド

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

(2・3着)
1枠1番オーソクレース
2枠3番ランドオブリバティ

 

各100円×12点

 

(1着)
1枠1番オーソクレース
2枠3番ランドオブリバティ

(2・3着)
6枠10番ダノンザキッド

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×12点

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

上位人気馬から軸で選んだのはダノンザキッド。

距離延長に一抹の不安はあるものの、新馬戦で京都2歳ステークス覇者ワンダフルタウンを3馬身差で楽勝した実力は軽視できない。

 

一方消したのはヨーホーレイク。

この馬の血統ディープインパクト×クロウキャニオン産駒は過去に11頭もいて、G2・G3レベルなら早い時期に好走する馬が多いのだが、G1となると全く走らない。

勢いのあるディープ産駒は基本的には無条件で買いなのだが、この馬に限ってはG1 の舞台でとなると‥

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

前走負かした馬は新馬戦でレコード勝ちした馬で2連勝中という勢いがある。

血統傾向でも書いたように父方にトニービンの血を持っている。

父違いだが兄弟にもロジユニヴァースがいて、走れる要素は十分あると思います。

(D)

今回単騎逃げが叶いそうなメンバー構成で、この馬の前残りに期待したいです。

コースも前走の東京から新馬勝ちした中山コースになるのも良さそう。

(E)

この馬の持ち味を活かせそうな程良い枠に入った。

前走は今回と同コースで2馬身半差の快勝。

まだ底が見えていないという意味でも狙ってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です