新着エントリー

フローラステークス2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは東京競馬場で行われる芝2000m戦。

明らかに要らないと思える馬が好走してしまうレースで、まるでローカルのハンデ重賞のようです。

穴馬の半数以上が二桁人気馬で、まともに考えていたら取れないと思います。

と言っても毎年まともに考えてしまうのですが…

過去の傾向から言うと9~14番人気辺りが美味しい馬券が取れるゾーン。

今年は思考停止して流してみようかな(;^_^A

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬の8割が差し・追い込み馬です。

そして複勝率で見ればほぼ先行・差しが大半。

 

そこでまず勝ち馬から見ていきたいと思います。

勝ち馬8頭中6頭は…

 

① 前走上り2位以内で1着
② 前走4番人気以内 且つ 当日4番人気以内

 

当日人気は現時点ではわからないので予想オッズから判断します。

この条件に該当する馬は

 

ラスール
ルージュエヴァイユ

 

以上2頭です。

 

次に複勝率の高い先行・差し馬を調べてみます。

圏内馬は27頭いますが、あまり共通点がみつからないようにみえましたが、クラス分けでみるとある程度で共通項がありました。

前走1勝クラス以下で圏内に入った16頭中13頭が…

 

① 前走1600m以上の未勝利or1勝クラスで5番人気以内で2着以内 且つ 上り5位以内

 

この条件に該当する馬は

 

ゴールデンアワー
シンシアウィッシュ
ラスール
ルージュエヴァイユ

 

以上4頭です。

冒頭でも述べましたが、二桁人気馬がかなり多く活躍するレース。

想定オッズだとゴールデンアワーは12番人気。

大穴で狙うなら候補に入れたいですね。

 

次いで前走OPクラス以上で圏内に入った11頭中9頭が…

 

② 前走1600m以上のOPクラス以上で6着以内 且つ 上り7位以内

 

この条件に該当する馬は

 

ルージュスティリア

 

以上1頭です。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬10頭中7頭が6番ゲート内に集中しています。

また途切れることなく複勝率が高いのは7番ゲートまで。

外枠も悪いわけではないが内枠有利と言えるかもしれません。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると全体傾向とはやや違い内枠が有利とは言い切れません。

しかも2018年以降から5番人気以下で圏内に絡んだ馬のゲートを見ると、15・12・16・9・15・16番ゲート。

2017年以前は殆どが7番ゲート以内です。

コース形態的には明らかに外枠不利なコースなので判断が難しいですが、上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

外枠=消しという考えは危険かもしれませんね。

ただ勝ち馬を選ぶならやはり内枠を重視した方が良いと思います。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・スクリーンヒーロー
・ハービンジャー
・ルーラーシップ
・ステイゴールド系

です。

いかにも重厚そうな血統が並びました。

特に近2年はスクリーンヒーロー産駒とステイゴールド系産駒が大暴れしています。

あとスクリーンヒーローと言えばロベルト系ですが、エピファネイア産駒とモーリス産駒は出走頭数少ないという理由もありますが結果は出ていません。

 

今回の該当馬は

 

エバーハンティング
ストキャスティーク
ヴァンルーラー

 

以上3頭です。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走OPクラス以上で3番人気以内
② 前走1800m以上の1勝クラス以下で2着以内 且つ 上り2位以内or4角3番手以内 

 

この条件で2014年以外は好走馬が出ています。

想定4番人気以内馬で上記の条件①or②に該当する馬は

 

マイシンフォニー
ルージュエヴァイユ

 

以上2頭です。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1800m以上
② 前走上り1位or4角3番手以内
③ 前走一桁着順 

 

穴馬が来た年は過去9年ありますが、この条件で9年全て好走馬が出ています。

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

エバーハンティング
ゴールデンアワー
シンシアウィッシュ
ストキャスティーク
ホウオウバニラ
ヴァンルーラー

 

以上6頭です。

このレースは穴馬の半数以上が二桁人気馬です。

上記6頭中10番人気以下想定はエバーハンティング・ゴールデンアワー・ストキャスティーク・ヴァンルーラーの4頭。

人気馬からこの4頭へ流すという馬券も一つの手かもしれません。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は過去10年の5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は9,6%です。

 

・キャリア9戦以上(0・0・0・6)複勝率0%
・前走間隔中4~12週以外(0・0・0・29)複勝率0%
・前走9着以下(0・1・0・19)複勝率5,0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

エバーハンティング
キタサンシュガー
シンシアウィッシュ
ストキャスティーク
ホウオウバニラ
ヴァンルーラー

 

以上6頭です。

あり得ない穴馬が多く好走するレースなので、デスデータは僅か3項目。

よって突破馬がいつもよりかなり多くなってしまいました。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

人気薄の馬がとにかく走るレースなので、その中でもこの馬を取り上げたい。

この馬が勝ったレースは2戦とも前目での競馬。

前走は積極的な鞍上とも手が合ったのか久しぶりの勝利。

今回のメンバーを見ると先行馬はまあまあいるが、どうしても先手を取りたいという馬はいない。

パーソナルハイの逃げという可能性はあるが…

今回も引き続き同騎手なので、開幕週で内目の枠に入ったら面白いかもしれない。

逃げなくても番手くらいで。

 

(B) シンシアウィッシュ

今回は鮫島→デムーロで鞍上強化。

更に脚質・穴馬消去法推奨馬でデスデータ突破馬。

3走前はサークルオブライフとコンマ3秒差の勝負をした馬で、今回の距離延長と左回りもプラスに働くのではないか?

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。