新着エントリー

フローラステークス2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単で勝負でまず1着馬から決めていきたいと思います。

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 前走5着以内 且つ 7番人気以内
② 前走上り5位以内
③ 前走距離1600m以上

 

とりあえず1着馬の共通事項を挙げるとするとこんなところです。

この条件で残った馬はゴールデンアワー・シンシアウィッシュ・ストキャスティーク・ホウオウバニラ・ラスールルージュエヴァイユの6頭。

ただ6頭だとさすがに多いのでここからもう少し絞りたい。

もうこれ以上共通事項は見つからないので、上記の表から例外と言える馬となると2017年の12番人気のモズカッチャン。

荒れるレースではあるが1着馬に限りこの馬以外は全て当日5番人気以内

現時点のオッズではあるが、この条件に当て嵌めると残った馬はラスール・ルージュエヴァイユの2頭。

よってラスールとルージュエヴァイユを1着固定馬とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース3600~4000円としていますが、今回は4200円勝負です。

(3連単)

(1着) 
1枠1番ルージュエヴァイユ
5枠9番ラスール

(2着)
1枠1番ルージュエヴァイユ
5枠9番ラスール
7枠13番ルージュスティリア
2枠3番パーソナルハイ

(3着)
穴馬(C)(D)
3枠4番ストキャスティーク
3枠5番エバーハンティング
8枠15番ヴァンルーラー

◉→◉〇→★各200円×12点=2400円
◉→◉〇→△各100円×18点=1800円

(計4200円)

 

対抗馬に選んだのはまずルージュスティリア

データ無視ならこの馬を1着候補に挙げたかったくらいで新馬戦は桜花賞馬に勝利。

前走立ち上がる程の半端ない出遅れでありながら、6着まで持ってきた内容はある意味この馬の能力の証。

今回はスタートに定評がある福永騎手鞍上というのもいい。

ただやはり物理的に不利なこのコースで外枠というのはマイナス材料。

それを踏まえ対抗に留めた。

 

そして対抗馬2頭目はパーソナルハイ

逃げると思っていたヴァンルーラーが大外枠を引いた。

となると久しぶりにこの馬の単騎逃げが叶いそう。

単騎で行けた時はナミュールやスターズオンアースとい良い勝負をしたこともある馬で下手したら頭まであるかも。

 

そして大穴△で3頭。

血統傾向でも紹介したゴールドシップ産駒で2000m以上のレースを使われ続けているストキャスティーク

同じく血統傾向で紹介したハービンジャー産駒でストキャスティーク同様2000mを超えるレースを使われていて、フローラステークス2着のエバーブロッサムを母に持つエバーハンティング

 

最後に内枠にパーソナルハイが入ってしまい、この配置から逃げれる可能性はかなり低くなったものの、逃げられたらという期待を込めてヴァンルーラー

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

過去10年で圏内に入った5番人気以下の穴馬は計13頭いるが、その内9頭が9番人気以下というとにかく大穴が良く絡むレース。

前走の勝ち方が印象的で、後方17番手から一気に捲って4角では2番手。

そこから更に突き放してコンマ5秒差の圧勝。

いかにもスタミナがありそうなタイプで、スタミナ寄りの血統が走るレースであることも考えると面白いかもしれない。

 

(D) シンシアウィッシュ

痛恨の大外枠で枠順を見た時は消そうと思ったが、近4年で圏内に入った5番人気以下馬は15・12・16・9・15・16番ゲート

コース形態からして物理的に外枠不利なのはわかっているが、要らないと思える枠だからこそ狙ってみる価値はあるかも。

今回は鮫島→デムーロで鞍上強化。

3走前はサークルオブライフとコンマ3秒差の勝負をした馬で、距離も1600mで全て着外、1800で全て連対。

さらなる距離延長もプラスに働くのではないか?

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。