新着エントリー

フェアリーステークス2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは中山競馬場で行われる芝1600m戦。

ひと昔前はG3とは名ばかりの低レベル重賞でしたが、近年はファインルージュ・スマイルカナ・プリモシーンなどその後クラシックや古馬重賞で活躍する馬が輩出されています。

そして今年は個人的に注目しているのは1番人気想定のエリカヴィータ。

現時点の想定4番人気以内馬の内3頭が前走ルメール騎手騎乗馬で、その中でルメール騎手が選んだ?のはエリカヴィータ。

騎手の選馬眼には基本的には逆らわない主義なので、1番人気は買いたくないがエリカヴィータを選ぶしかないのかなと迷っているところ。

ただ過去10年の1番人気馬の複勝率は20%なんですよね。

そうなると昨年大活躍の横山武史騎手なら捨てられた格好のスクルトゥーラという手もありか?

週末まで考え抜きます。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が中山競馬場改修工事後の過去7年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると目に付くのはまず逃げ馬の3勝、そして圏内馬の半数以上を占める差し馬ではないでしょうか。

まず逃げ馬に関してだが、まだ脚質の定まらないこの時期なのでどの馬が逃げるのかは判断が難しい。

実際勝ち馬の3勝中前走4角先頭だった馬は1頭だけ。

一応前走逃げた馬を見るとフィールシンパシー・ブルトンクール・ポケットシンデレラの3頭だが、どの馬が逃げるかは走ってみなければわからないというのが正直なところ。

 

ということで今回は全体の半数以上を占める差し馬に注目した。

差し馬で圏内に入った馬は11頭いるが、その内8頭は…

 

① 前走初角5番手以下
② 前走上り2位以内

 

この条件に該当する馬は

 

エバーシャドネー
エリカヴィータ
サウンドビバーチェ
スクルトゥーラ
ニシノラブウインク
ピンクマクフィー

 

以上6頭です。

この中には想定1・2番人気のエリカヴィータとスクルトゥーラが入っています。

ただこの2頭の新馬戦の主戦騎手は冒頭でも書いたが共にルメール騎手。

そのルメール騎手がエリカヴィータを選んだとなると、1番人気想定で嫌いたいところだが少なくとも消すという選択肢はないかな。

 


枠順傾向データ 」

以下が中山競馬場改修工事後の過去7年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると内からでも外からでも満遍なく好走馬が出ています。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ても同様に内でも外でも好走馬は出ていて枠順で有利不利は無さそう。

 

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

ただ4番人気以内馬は過去10年で9勝挙げていますがその全てが12番ゲート以内。

圏内馬に関しても12番ゲート以内からしか出ていません。

13番ゲート以降の人気馬はやや割り引いた方がよいかもしれません。

 

最後に書き忘れたので追加しておきますが、フェアリーステークス自体は内外で有利不利はありませんが、基本的に中山芝1600mはスタート直後に急カーブがあるため内枠有利です。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト
・ハーツクライ

又は

・父サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系

です。

このレースで悪い意味で目立つのは父ミスプロ系で過去5年の複勝率は僅か5,3%

今年の登録馬で父ミスプロ系は10頭もいるので、さすがに1頭以上は圏内に絡んできそうですが推奨は出来ない。

逆に良い意味で目立つのは父サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系で過去5年の複勝率は脅威の60%です。

 

今回の該当馬は

 

スプリットザシー
ライラック

 

以上2頭です。

ライラックは今回の登録馬で唯一の父サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系です。

あと傾向には挙げなかったが、近2年ハーツクライ産駒とルーラシップ産駒が連続で好走。

この2種牡馬の共通点はトニービン内包種牡馬であるということ。

今年はエバーシャドネー・サウンドビバーチェ・スターズオンアース・ヴァンルーラーがトニービン内包種牡馬だが、この4頭は先ほど書いた相性最悪の父ミスプロ系。

もし血統的にミスプロ系でも推すならこの4頭ですね。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1600m
② 前走3着以内or阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬 

 

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

エリカヴィータ
ビジュノワール

 

以上2頭です。

昨年こそファインルージュが前走1400m戦からのステップで好走したが、基本的には前走マイル戦からの馬が主流となっています。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青・緑色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1400m以上
② 前走2着以内で上り2位以内 or 前走1番人気で1着 or 前走上り1位

 

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

エバーシャドネー
サウンドビバーチェ
ニシノラブウインク
ピンクマクフィー
モズゴールドバレル

 

以上5頭です。

この6頭の中で更に絞るとすれば前走距離1600m以上でエバーシャドネー・サウンドビバーチェ・ニシノラブウインクが該当する。

前走距離1600m以上の穴馬が絡まなかった年は一度もない。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は15,0%です。

 

・キャリア5戦以上(1・0・1・27)複勝率6,8%
・前走間隔中3週以内(0・0・0・23)複勝率0%
・前走1勝クラス以下敗戦馬の着差0,9秒以上(0・0・0・14)複勝率0%
・前走OPクラス以上(1・0・0・20)複勝率4,7%

 

 

このデスデータを全て突破した馬は

エバーシャドネー
サウンドビバーチェ
スターズオンアース
スピードグラマー
ピンクマクフィー
フィールシンパシー
ポケットシンデレラ
ユキヤナギ

 

以上8頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

脚質傾向・穴馬消去法推奨馬でデスデータ突破馬。

前走鮮やかに差し切った時の2着馬は既に1勝クラスを勝利。

また血統傾向で書いた相性の悪いミスプロ系だが近2年トニービン内包種牡馬が連続で圏内に入っており、この馬は父方・母方共にトニービン持ちである。

個人的には想定オッズほど低人気ではないと思っているが、この馬は押さえておきたい。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です