フェアリーステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はフェアリーステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利(1~4番人気馬限定)と判断しています。

ここで日曜の中山競馬場芝レースの脚質と出目を以下に載せました。

 

 

これを見ると外差し馬場の傾向がかなり出てきています。

1枠からも3頭来ているが、その内2頭は大外を回して後方から突っ込んできているように、差し馬優勢と考えて良いでしょう。

逃げ・先行して圏内に入った馬は7頭いて、その内5頭は3番人気以内。

実力のある馬なら先行でも良いが、基本はやはり差しか?

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠5番クールキャットですが、差し馬ですね。

もう少し外寄りの方が競馬がしやすいのかとは思いますが、最内ではないので及第点な配置でしょう。

 

次に4枠8番テンハッピーローズ5枠9番ファインルージュですが、丁度ど真ん中の配置で内過ぎず外過ぎず程良いベストな配置でしょう。

 

最後に5枠10番シャドウファックスですが、この枠でも問題ないでしょうが先行馬なのでベストは内枠だった思います。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
4枠8番テンハッピーローズ

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

(2・3着)
3枠5番クールキャット
5枠9番ファインルージュ

各100円×12点

 

(1着)
3枠5番クールキャット
5枠9番ファインルージュ

(2・3着)
4枠8番テンハッピーローズ

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×12点

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

上位人気馬から軸で選んだのはテンハッピーローズ。

戦ってきた相手のレベルや枠順も問題なく安定性も抜群。

馬場も差し優勢となっており、圏内なら迷わずこの馬を選びます。

 

一方で上位人気馬から消したのはシャドウファックス。

クールキャットとどちらを消すか迷ったが、クールキャットを選んだ最大の理由は枠順傾向の記事で書いた1~8番ゲートに入った上位人気馬の成績が非常に高いということ。

更にシャドウファックスの脚質が今の馬場とマッチしない。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

今日の馬場をみて一番しっくりいくのがこの馬。

当初買う気は無かったが、外枠配置の差し馬。

2戦連続上り最速で脚質傾向の記事でも挙げた馬でもある。

(D)

枠が内過ぎたかなという気もするが、この馬は穴馬消去法の記事で書いた条件に合致している。

また脚質傾向の記事でも挙げた馬であり、1戦1勝馬という未知なる魅力もある。

(E)

差し馬場ではあるが先行型で狙うならこの馬。

血統傾向の記事で推した欧米血統の父を持ち、今の中山の力の要る馬場にマッチしそうな馬格も備え持つ。

兄弟にダイワキャグニーを持つ血統的魅力も加味してこの馬を推します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です