新着エントリー

ファンタジーステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はファンタジーステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


 

本命馬は上位人気馬から選ぶが、基本的に1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

ただ少頭数のレースや単勝1番人気が100円台のレース、グランアレグリアやアーモンドアイのように明らかに抜けている馬がいる場合は別です。

あくまで経験則ですが…

①自分が選んだ穴馬が圏内に突っ込んでくるレースは結構な確率で1番人気が飛んでいるように思える。

②統計的に見ても1番人気が1着に来る確率は大体3回に1回程度。

③順当に1番人気がくる時はレース自体もあまり荒れない。

 

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

 

券種は穴馬が2着まで食い込んできそうだと思えば馬単の穴馬2着付け、上位人気勢が堅そうで穴馬は来ても3着までと思えば3連単の穴馬3着付けで勝負です。

そして今回は3連単で勝負です。

 

このレースは5番人気以内馬が2着以内に入った年が過去10年で8回。

普通に考えれば荒れる要素満載のレースで穴馬2着付けの馬単勝負なのですが、今年は過去10年で2番目に少ない10頭立て。

更に小倉2歳ステークス1~3着馬が全て出走するということで、荒れるレースではあるが今年は穴馬は来ても3着までと判断した。

 

ちなみに現時点の1番人気はウォーターナビレラですが、総合オッズで見ると単勝オッズ以外の全ての券種でナムラクレアが1番人気。

今回はナムラクレアを1番人気馬として扱います。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の1着固定馬は

 

5枠5番ウォーターナビレラ
8枠9番ママコチャ

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(3連単)

(1着) 
5枠5番ウォーターナビレラ
8枠9番ママコチャ

(2着)
5枠5番ウォーターナビレラ
8枠9番ママコチャ
2枠2番ナムラクレア
7枠8番スリーパーダ

(3着)
穴馬(C)(D)

◉→◉〇→★各300円×12点=3600円

(計3600円)

 

セオリー通り1番人気ナムラクレアの1着固定はやめた。

まあ来てしまったら仕方ないという気持ちでこの馬の不安点を挙げるなら、やはり距離延長。

1600mの新馬戦で敗れて1200m戦で2連勝。

今回は距離1400mで前走よりは脚が鈍るかもしれない。

 

そしてもう1頭迷わず1着固定で買わない馬はスリーパーダ。

過去10年の4番人気以内馬で圏内に入った馬は全て前走馬体重430キロ以上。

この馬の前走馬体重404キロは軽すぎる。

更に決定的なのは鞍上岩田望来騎手。

このブログで散々言っているが重賞では買えない。

ただ4番人気以内馬ならそこまで嫌う必要はないが、それでも4番人気以内で(0・3・2・12)でデビュー以来一度も重賞を買ったことがない。

今回は初重賞制覇の可能性も十分ありそうだが、初重賞制覇するまでは評価を下げる。

 

消去法のようになってしまったが1着固定馬はウォーターナビレラとママコチャ。

ウォーターナビレラは距離短縮馬でこのレースはとにかく距離短縮馬が好成績を収めている。

2戦2勝でまだ底が見えていないのも魅力。

 

ママコチャは3戦目で初の先行策を試みて同コースを完勝。

ソダシの全妹ということもあり先行策で結果を出したのは買い材料である。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) アネゴハダ

過去記事で書いた血統推奨馬であり、穴馬消去法で挙げた馬でもある。

前走は外差し馬場とハイペースで展開が嵌って初芝で重賞3着。

それでもソコソコ人気になると思ったが、前走はフロックと判断されてのものか予想より美味しいオッズ。

それならば積極的に狙ってみたい。

 

(D) ?????

このレースは距離短縮馬(前走1500~1600m)の複勝率が47,8%もある。

この馬は今回数少ない距離短縮馬で、兄には皐月賞で4着に入ったアドマイヤハダルがいる。

穴馬消去法で挙げた馬でもあるもで、この馬を推したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です