ファンタジーステークス2020予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

今回はファンタジーステークス2020の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは阪神競馬場で行われる芝1400m戦。

京都競馬場改修工事のため今回は阪神開催となります。

使えるデータも限られてきますが、頑張って穴馬を見つけていきたいと思います。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

今年は阪神開催のため、同条に近い阪神開幕週の同コース重賞(阪急杯)で調べます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると開幕週だけあって逃げ馬の勝率は断トツ。

ですが、勝ち数で見ると差し・追い込み馬で7勝も挙げているように、後方からでも十分勝負になることが分かります。

ですがこのデータはあくまで阪急杯のデータで、脚質の定まらない2歳戦ではどこまで参考になるか分からない。

 

ただ逃げ馬に関してはある程度目星がつきそう。

フリードヨカヨカが近2走逃げの競馬をしているので、逃げるならこの2頭か。

あとは枠順次第といったところでしょう。

 


次は枠順傾向です。

今年は阪神開催のため、同じく同条件に近い阪急杯で調べます。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

複勝率で見ると内枠優勢だが、外枠もそれほど悪くはない。

むしろ中枠付近の成績の悪さが目立つ。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

こちらも全体傾向と同じく内枠優勢で外枠も見限れなく中枠劣勢。

 

上記のデータを考慮して

 

1~6番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

血統データも阪急杯を参考にしても良いのですが、ただこのレースは2歳戦。

2歳戦に関しては成長曲線が早い種牡馬などがいるので、今回は大まかに2019年以降の阪神短距離1200~1400mの2歳戦複勝率ベスト5載せました。

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・キンシャサノキセキ
・キズナ
・ロードカナロア
・スクリーンヒーロー
・ダイワメジャー

 

です。

2歳戦と言えばキンシャサノキセキとダイワメジャー産駒は定番ですが、特にキズナ産駒は阪神に限らず今後注目の2歳戦種牡馬と言えそうです。

 

今回の該当馬は

 

サルビア

 

以上1頭です。

今回はダイワメジャー産駒しか対象馬がいませんでした。

 


次に消去法です。

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走3番人気以内且つ2着以内

 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

サルビア
メイケイエール
ヨカヨカ

 

以上3頭です。

但し福永騎手が今回サルビアではなくヨカヨカを選んでいるので、絞るならメイケイエールとヨカヨカの2頭でしょう。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 

次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走1番人気で1着馬 又は 前走重賞出走馬 又は 前走ききょうステークス出走馬

 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

セレッソフレイム
フリード
ミニーアイル
メイショウイチヒメ
ルクシオン

 

以上5頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A)

母はアメリカでG1を3勝した良血。

新種牡馬の父は初年度で2歳短距離重賞馬を輩出し、2歳戦に強い可能性を秘めた種牡馬。

穴馬消去法でも推した馬なので期待しています。

(B)

想定オッズでは全く人気は無いが、この馬の母もG1馬で1戦1勝馬という未知なる魅力がある。

(A)と同じく穴馬消去法で挙げた馬でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です