ファルコンステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はファルコンステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~9番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番ルークズネストですが、好枠と判断している内枠に入った。

まあ極端な配置ではあるので包まれる可能性もあり絶好枠とも言えない。

比較的外枠に先行馬が揃った印象があるので、最内枠を活かして早め好位に付けられれば‥

ただもう少し外目でも良かったかな。

 

次に3枠4番グレナディアガーズですが、この馬も好枠と判断している内枠に入った。

この馬の場合はルークズネストと違って絶好枠に入ったと思う。

先週の雨で内馬場がどうかという心配はあるが、幸いにも明日の天気は持ちそう。

ここは例年通り内枠先行有利と読むならば申し分ない配置だと思う。

 

次に6枠10番ロードマックスですが、この馬の脚質は先行するのか差してくるのか読めないが、今回のメンバーなら控えて差し競馬になるだろう。

程よい中枠なら無難な配置と言えそう。

 

最後に7枠13番モントライゼですが、逃げ・番手の馬なので外枠が有利とはとても思えない。

ただ鞍上ルメール騎手なら外枠でも果敢に積極策で番手くらいには付けてきそう。

ただベストはやはり内枠だったでしょう。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

(1着)
3枠4番グレナディアガーズ
1枠1番ルークズネスト

(2着)
穴馬(C)(D)(E)

各400円×6点

(計 2400円)

 

馬単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのはまずグレナディアガーズ。

過去傾向から判断すると内枠先行馬は断然有利。

実績もあるので頭候補の1頭としては外せない。

ただ気性的に飛んでもおかしくない馬ではあるが‥

 

第二候補は鞍上と実績を考えればモントライゼだが歓迎できない外枠に入った。

そして今回メンバー的に流れる可能性があるので、内で溜めて1発ありそうなルークズネストを選んだ。

実績と展開を考えたら妙味も含めこの馬を頭で狙ってみたい。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)?????

このレースとは相性が良いノーザンダンサー系で穴馬消去法の記事でも挙げた馬。

前走は大敗したが、G1で6番人気に推された馬で重賞勝ち実績もある。

外目の枠に入ったのは痛いが、関西のレースにあまり乗りにこない今回の鞍上が遠征してくるというのは、期待度が高い表れではないでしょうか。

(D)?????

枠順傾向の記事書いたが穴馬に関しては9番ゲート以内が圧倒的内枠有利で今回はその中に納まった。

更にこの馬は血統傾向と穴馬消去法の記事でも挙げた馬。

馬柱だけ見ると推せるほどの馬ではないが、自分のデータ的には推せる馬です。

 

(E)サルビア

もうベタに過去傾向通りの内枠先行馬。

前走は重賞で7着と負けはしたがその時のメンバーを見渡すと今回のメンバーよりは明らかに上位。

ちなみにその時の5着馬は現在フラワーカップ2番人気のイズンシーラブリー。

しかも今回は適距離の可能性が高い2連勝した芝1400m戦で上昇の余地がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です