デイリー杯2歳ステークス2020予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

今回はデイリー杯2歳ステークス2020の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは阪神競馬場で行われる芝1600m戦。

今年は登録数が少ない上に重複登録馬が数多くいます。

現時点でnetkeibaさんの想定騎手欄には5名の騎手しか乗っていません。

こうなると穴狙いはまず無理で、少点数で馬券を仕留めるしかなさそうです。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

今年は阪神開催となるので、同コースの2歳重賞(阪神ジュベナイル・朝日杯フューチュリティ)を基にデータを見ていきたいと思います。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると基本は先行・差しが優勢で上り1位の成績が優秀です。

ただこのままだと8頭立て以下も十分あり得そうで、脚質はあまり意味をなさないかもしれません。

参考程度で見ておいてください。

 


次は枠順傾向です。

同じく同コースの2歳重賞(阪神ジュベナイル・朝日杯フューチュリティ)を基にデータを見ていきます。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると14番ゲート以降の外枠の複勝率は落ちますね。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると内外満遍なく好走馬がでています。

ただ何度も言うようですが、8頭立て以下も十分ありえそうなレースなので枠は気にしなくて良いでしょう。

 

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去のデータが使えないので2019年以降の阪神芝1600mの2歳戦複勝率25%以上の種牡馬を調べました。

但し出走回数10回以上の産駒を対象としています。

傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

エピファネイア産駒やキズナ産駒は最近の種牡馬の中では2歳戦で力を発揮しています。

今回の推奨血統は

 

父に

・エピファネイア
・ディープインパクト
・キズナ
・ハーツクライ
・ロードカナロア
・ルーラーシップ

です。

 

今回の該当馬は

 

シティレインボー
スーパーホープ
レッドベルオーブ
ワールドリバイバル

 

以上4頭です。

 


次に消去法です。

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① キャリア2戦以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

レッドベルオーブ

 

以上1頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 

次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走4着以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

スーパーウーパー
ヒトヨギリ
ルクシオン

 

以上3頭です。

ただこの3頭想定騎手が決まってないので、出走するか分かりません。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


今回はどの馬が出るかもわからないので、確実に出走してくるであろう馬から面白そうな馬を選びます。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A)

2歳戦に強いキズナ産駒。

ただ凡走はしないが勝ちきれない馬。

しかしこういう馬はクラスが上がっても相手なりに走ったりする。

兄弟には3歳重賞を勝ったプールヴィルがいて、早い時期の活躍も見込めそう。

ノーチャンスではないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です