デイリー杯2歳ステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はデイリー杯2歳ステークス2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

現状オッズでは3強構成。

普段なら枠順配置を検討しますが、今回は8頭立てなので気にすることはないでしょう。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指していますが8頭立てなので、今回は4番人気以下を穴馬とします。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
1枠2番レッドベルオーブ

(2着)
1枠1番ホウオウアマゾン
6枠6番カイザーノヴァ

(3着)
穴馬(C)

各1200円×2点

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

今回は8頭立てということを踏まえて、回収率を考えると点数は広げられません。

そこで上位人気馬から頭で選んだのは同レースを制したレッドベルジュールを兄に持つ1枠2番レッドベルオーブ。

兄弟の傾向を見ても2歳戦に強い。

 

その他の人気馬からは無難ですがホウオウアマゾン。

そして血統的にはモーリス産駒を2歳戦で買いたいとは思わないが、前走負かした2着馬ラヴケリーが次走のファンタジーステークスで3着・その前の函館2歳ステークスでも3着ということを考えると捨てきれず。

 

上位人気3頭はどれも強そうですが、ただ競馬はそんなに簡単には決まらない。

2or3番人気の凡走を願ってこの馬を3着指名します。

 

そして今回選んだ穴馬(C)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

2歳戦に強いキズナ産駒。

ただ凡走はしないが勝ちきれない馬。

しかしこういう馬はクラスが上がっても相手なりに走ったりする。

兄弟には3歳重賞を勝ったプールヴィルがいて、早い時期の活躍も見込めそう。

ノーチャンスではないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です