チャンピオンズカップ2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はチャンピオンズカップ2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中京競馬場で行われるダート1800m戦。

チャンピオンズカップとしては今年で7回目です。

そして今年は不動の主役クリソベルの登場です。

圏外どころか2着さえないのではと思える強さ。

2・3番人気もかなり強そうですが、望みは捨てずに穴馬を探していきたいと思います。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去6年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると勝率・複勝率共に先行馬が好成績。

逃げ馬も複勝率では劣らない。

ただ追い込み馬も健闘しています。

 

それでもやはり先行馬有利な傾向があるので、過去6年の圏内馬18頭の前走通過順を載せました。

 

 

これを見ると前走4角6番手以内だった馬が18頭中15頭。

10番手以下だった馬だとノンコノユメだけ。

人気どころだとサンライズノヴァは後方待機の馬で、データ的には危険な人気馬となりそうです。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ゴールドアリュール

又は

・ヴァイスリージェント内包馬

です。

ダート種牡馬と言えばやはりゴールドアリュールですね。

ただそれ以外ではヴァイスリージェント内包馬の活躍も見逃せません。

今回の該当馬は

 

クリソベリル
ゴールドドリーム
サトノティターン
サンライズノヴァ

 

以上4頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去6年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走1着
② 過去にG1で2着以内あり 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去6年で6回。

そしてその6回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は5回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

クリソベリル
サンライズノヴァ

 

以上2頭です。

人気馬カフェファラオが唯一完敗したのがG1レース。

3歳馬で圏内に入った人気馬はすべてG1で2着以内の実績がありました。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

基本的には地方より中央の方が走る馬。

能力的な衰えは否定できないが、今回はベストコース。

血統傾向でも書いたが、ゴールドアリュールとヴァイスリージェント内包馬がよく走るレースでこの馬はその二つの血統を併せ持つ。

このメンバーで唯一クリソベリルに先着経験がある馬で、まだ見限るのは早いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です