新着エントリー

チャレンジカップ2021予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは阪神競馬場で行われる芝2000m戦。

開催時期や条件変更があって、この型になってから今年で5年目となります。

今年は3歳馬のソーヴァリアントとジェラルディーナが出走予定。

比較的若い馬が強いレースでもあり、しかも今年の3歳馬はかなりのハイレベル。

上位人気は間違いないでしょう。

対する上位人気古馬勢はペルシアンナイトとマイネルウィルトス。

特にペルシアンナイトは今回確実に「名を取るより実を取る」といった参戦ですね。

勢いが勝つか格が勝つか?

妙味を考えるなら古馬勢なのですが…週末までじっくり考えたいと思います。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法の順で調べていきます。

(注)消去法は、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去4年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ~差しまでは比較的好成績だが、断トツで追い込み馬の成績だけ悪い。

そこで後方勢に注目してみた。

前走4角10番手以下から好走した馬は圏内馬16頭中4頭しかいないのだが、その4頭に共通する条件は…

 

① 前走2500m以上のG2クラス以上

 

この条件以外の前走4角10番手以下の馬は過去4年で12頭いるが全て圏外に沈んでいる。

ということで前走4角10番手以下の馬で①の条件に該当しなかった馬は…

 

アルジャンナ
ペルシアンナイト
マイネルフラップ
メイショウオーパス
モズナガレボシ

 

以上5頭です。

ペルシアンナイトは人気馬の一角ですが前走4角14番手。

追い込んで届かずという場面も十分あり得ると思います。

また個人的には鞍上がかなりの割引材料。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去4年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると過去4年で12頭立て以下しかありません。

ですが今年も登録馬は11頭しかいないので、このデータはそのまま使えます。

それを踏まえて見ると少頭数ということもあり、内外で大きな差はありません。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると外枠に好走馬が偏っていますが、サンプル数は少なく決定打ではない。

連続開催で馬場は傷んでいるが、今週からBコース替わりでそれ程内枠が不利になることはないのではないか。

 

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


血統傾向データ 」

過去4年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ステイゴールド

又は

父or母父に

・ディープインパクト
・キングカメハメハ

又は

・父方にグレイソブリン内包馬
・母方にロベルト内包馬

です。

上記の血統傾向で過去の対象馬12頭全てが当て嵌まります。

逆に今回これに当てはまらない馬は血統傾向としてはやや割引。

 

今回の該当馬

 

ペルシアンナイト
マイネルフラップ
メイショウオーパス
モズナガレボシ

 

以上4頭です。

 


消去法データ 」

消去法は2017年以降の過去4年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 4歳以下
② 前走1着 又は G1出走馬

 

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ジェラルディーナ

 

以上1頭です。

ちなみにセントライト記念2着のソーヴァリアントも気になるところですが、この馬と同じステップを踏んだレイエンダは前走セントライト記念2着で当日1番人気…結果は6着でした。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走重賞出走馬
② 前走距離2000m以上

 

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ヒートオンビート
モズナガレボシ

 

以上2頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

頭数も少ないので1頭挙げろと言われればやっぱりこの馬ですかね。

「距離を短縮してどうか?」なんて陣営のコメントを見ると妙味が薄い穴馬なので狙う価値があるか微妙なところ。

ただ他に強く主張できる馬も少ないので…

距離不安はあるが、それは負けているからではなく経験が少ないからという不安。

実際2000m戦は新馬戦で1度走っているだけだがその時は2着に来ている。

血統傾向・脚質傾向・穴馬消去法の全てで評価している馬なので今回はこの馬を推します。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。