ダービー卿チャレンジトロフィー2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はダービー卿チャレンジトロフィー2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~10番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番スマイルカナですが、絶好枠でしょう。

トーラスジェミニが外枠に入ったので、逃げることもできそうではあるが、控える競馬も覚えた今となっては、トーラスジェミニと無理に競り合うこともなさそう。

楽に番手くらいをキープできそうです。

 

次に2枠4番ルフトシュトロームですが、一応好枠に入った。

ただこの馬の場合は脚質的にももう少し外目が良かったかも。

内枠で結果を残していないのも気になりますね。

 

次に8枠16番ウインカーネリアンですが、痛恨の大外枠ですね。

逃げ・番手タイプの馬たけに明らかにマイナスでしょう。

 

最後に5枠9番テルツェットですが、やはり人気になりましたね。

好枠と判断したギリギリの配置に収まった。

脚質的には差しタイプで、程よい中枠なら問題ないでしょう。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

(1着)
1枠1番スマイルカナ
5枠9番テルツェット

(2着)
穴馬(C)(D)(E)

各400円×6点

(計 2400円)

 

馬単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのはスマイルカナとテルツェット。

枠順傾向の記事で書いたが、過去9年で勝ち 馬8頭が10番ゲート以内から出現している。

そこで選んだのがこの2頭。

まずスマイルカナは絶好枠。

アトミックフォースやウインカーネリアンが外枠に入ったことにより、楽に2~3番手くらいで競馬ができそう。

 

そしてテルツェットですが正直鞍上がかなり不安。

罠かもしれない…

ただ勢いに乗ったディープ産駒は黙って買い。

ディープ産駒は格上げでも苦にしない傾向があり、実際このレースは格上挑戦馬の好走率がかなり高い。

 

ルフトシュトロームも迷ったが、最近のルメール騎手はイマイチ乗れていない。

枠も微妙で前走の大敗も気になります。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

ベスト距離は1800mで中山適正は未知数。

ただ好走血統の母父ロベルト系で鞍上も大幅強化。

この騎手なら内目で前目の競馬が期待できる。

配当的にも期待できそうなので狙ってみます。

(D) ?????

重賞になると人気薄でもとにかく好走率が高くなる。

ただ近2走の重賞を見るとその勢いに陰りが見えてきた感じがするが、今回は絶好枠に入ったので期待しています。

(E) カテドラル

戦績的にはもう少し人気があっても良いと思うが、左回りに良績が多いのでその分人気が落ちていると思う。

ただアーリントンカップ2着の実績があるように全くダメということもない。

鞍上も前走穴をあけた田辺騎手が継続騎乗。

人気馬ならまず軸にはしないが、左回りだけで嫌われているようなら逆に狙い目かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です