ダービー卿チャレンジトロフィー2021予想 人気馬・穴馬別過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事

今回はダービー卿チャレンジトロフィー2021の人気馬・穴馬別過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

よかったら大阪杯2021の記事も書いているのでご覧ください。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝1600m戦。

1番人気想定は牝馬のスマイルカナ。

2番人気以下も疑わしそうな人気馬が揃っています。

今年も波乱要素は十分ありそうな気がします。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が2011年の阪神開催を除く過去9年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると後方勢が結構好走していますが、上り3位以内を見ると際立った数字でもなく上り6位以下で4勝しています。

逃げ馬も2勝挙げていることから考えると、脚質傾向より展開次第・枠次第という要素のほうが大きそうです。

 

展開を考えるとトーラスジェミニが先手を取って、次いで内枠から番手競馬もできるようになったスマイルカナ、そして同じく内枠からボンセルヴィーソといったところか。

アトミックフォースやウインカーネリアンも前に出していきたいところだが、かなり外目の枠を引いたので、意外と隊列はスンナリ決まるのではないだろうか。

ペースは思ったよりは早くならずミドルペースくらいになりそう。

個人的な見解ではスマイルカナは人気だがこの馬に展開が向くのではないかと思っています。

 


次は枠順傾向です。

以下が2011年の阪神開催を除く過去9年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬9頭中8頭が10番ゲート以内から出現。

複勝率で見ても11番ゲート以降からは急降下しています。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると全体データほど外枠が悪いわけでもなさそうだが、それでもやはり10番ゲート以内に好走馬が集まっています。

 

上記のデータを考慮して

 

1~10番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父or母父に

ノーザンダンサー系

又は

母父に

ロベルト系

です。

昨年こそ父or母父にノーザンダンサー系の馬が来ませんでしたが、それまでは毎年のように好走している血統です。

 

今回の該当馬は

 

エメラルファイト
カテドラル
ソーグリッタリング
テルツェット
ブラックムーン
レイエンダ

 

以上6頭です。

 


次に消去法です。

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青・緑色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走G1出走馬
② 前走G2・G3出走馬は一桁着順
 前走OPクラス以下出走馬は2着以内(1600万クラス以下の馬は2番人気以内)

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

カテドラル
スマイルカナ

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 

次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 前走重賞組
③ 前走OP以下出走馬は3着以内or3番人気以内
④ 前走距離1400~1800m

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

テルツェット
トーラスジェミニ
メイショウチタン

 

以上3頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

好走枠に入ったこの2頭。

(A)

ベスト距離は1800mで中山適正は未知数。

ただ好走血統の母父ロベルト系で鞍上も大幅強化。

この騎手なら内目で前目の競馬が期待できる。

人気的にもソコソコで狙い目かもしれません。

(B)

鞍上がいまいち信頼できなくてこれは罠かもしれない。

ただとにかく勢いに乗ったディープ産駒は黙って買いです。

もうこれだけで買い要素は十分過ぎる。

穴馬消去法でも挙げた馬なので、過剰人気にならなければ買いたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です