ダイヤモンドステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はダイヤモンドステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では穴馬限定で1~8・16番ゲート有利と判断しています。

 

現時点のオッズではオーソリティとポンテザールは上位人気馬としては確定的。

3・4番人気馬に関しては断定できないが、総合オッズで見るとブラックマジックとヒュミドールが3・4番人気ではないかと仮定して予想していきます

 

以上のことを踏まえて上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠3番オーソリティですが、先行馬なので距離ロスのない内枠は良いと思います。

 

次に2枠4番ヒュミドールですが、差し馬ですね。

5・6番手くらいで構える馬なので極端な内枠でもなく問題ないでしょう。

 

次に3枠6番ブラックマジックですが、これは良い枠を引きましたね。

ジャコマルを行かせていつも通りの2番手くらいの競馬が叶いそう。

 

最後に7枠13番ポンデザールですが、4・5番手くらいで競馬をする馬なので枠はやや外目かなという気もします。

ただ極端に評価を下げる程でもないでしょう。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

(1着)
2枠3番オーソリティ
7枠13番ポンデザール

(2着)
穴馬(C)(D)(E)

(2・3着)
枠番
枠番

各400円×6点

(計 2400円)

 

馬単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのはポンデザールとオーソリティ。

正直この2頭で自信があるわけでもないが、比較の問題で重賞実績も全くないヒュミドールとブラックマジックを頭で狙うには判断材料に乏しい。

よってポンデザールとオーソリティを選びました。

もちろん鞍上の実力込みというのもあります。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

3000mを越える距離は一度だけしか経験が無いが、天皇賞春3着という実績はこのメンバーでは断然。

長距離に強いステイゴールド産駒で、3走前には先週の京都記念覇者ラヴズオンリーユーを撃破。

かなりのベテランだが、このレースは高齢馬でも十分勝負になるレースなので期待しています。

(D)

前走は初の3000m超えレースでいきなりのレコード勝ち。

ハンデ戦で斤量に恵まれたとはいえ長距離適正がありそうな予感。

それでもまだ人気はソコソコなので狙う価値はありそうです。

(E)

せいぜい3着止まりが常のタイセイトレイルで良いかと迷ったが、狙うなら一発の可能性があるこの馬。

上り勝負の傾向が強いレースで、近2走は安定した追い込みでかなりの脚を披露している。

好走した前走が買い時だったかもしれないが、それでも今回も同様に人気が無い。

それならば高配当狙いで勝負します。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です