新着エントリー

ターコイズステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


本命馬や軸馬は上位人気馬から選ぶが、「どうしてもこの馬しか考えられない」という時以外は1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定か軸固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

現在の単勝オッズを見ると大混戦ですが、総合オッズから判断して上位人気4頭はスマートリアン・マルターズディオサ・アンドラステ・ドナアトラエンテとなっているので、それを踏まえて予想していきます。

 

そして今回は3連単・3連複で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の軸馬は

 

4枠7番スマートリアン

 

ハンデ戦で1番人気馬を選ぶのは非常に不本意ですが、スマートリアンを選びました。

上位人気馬の中で枠順も一番良い内枠、斤量も一番軽い、脚質的にも前に行ける脚がある、好成績の4歳以下馬、ベスト距離と言える1600m戦。

どれを取ってもこの馬の好走材料が揃い過ぎている。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(3連単)

(1着)
4枠7番スマートリアン

 (2・3着)
5枠10番ドナアトラエンテ
5枠9番アンドラステ

(2・3着)
穴馬(C)(D)

◉→〇⇔★各200円×8点=1600円

 

(1着)
5枠10番ドナアトラエンテ
5枠9番アンドラステ

 (2・3着)
4枠7番スマートリアン

(2・3着)
穴馬(C)(D)

〇→◉⇔★各200円×8点=1600円

 

(3連複)

(①)
4枠7番スマートリアン

(②)
5枠10番ドナアトラエンテ
5枠9番アンドラステ

(③)
3枠6番サンクテュエール
6枠11番レッドフラヴィア

◉-〇-△各100円×4点=400円

(計3600円)

 

対抗馬1頭目はアンドラステ。

今回は前走から斤量が一気に2.5キロ増の56,5キロ。

さらに鞍上が岩田望来騎手では軸にはできない。

ただ能力的にはスマートリアン以上のものを持っている。

 

対抗馬2頭目はドナアトラエンテ

こちらはアンドラステが前走より2.5キロ増に対して1キロ増で済んだ。

1600m未経験という不安はあるが、走ったことがないだけでその適正は定かではない。

鞍上ルメール騎手でこの人気なら押さえておくべきでしょう。

 

そしてマルターズディオサだが今回は消した。

内枠有利なレースで外枠配置。

更に脚質的も追い込みに近い差し馬でこのレースの枠順・脚質傾向とは真逆の馬。

斤量も前走より2キロ増となると…

 

推奨穴馬(C)(D)の他、サンクテュエールとレッドフラヴィアを押さえる。

サンクテュエールは抽選対象だったが、回避馬多数で運良く出走に漕ぎ着けた。

内枠に入った横山武史騎手は要警戒。

強気の積極策なら4~5番手くらいはキープできそう。

運も枠も騎手も見方につけたこの馬の大駆けに期待したい。

 

週中候補馬レッドフラヴィアは内枠だったらもう少し評価を上げたかったが、外枠という理由で評価を下げた。

それでも先行力があり、過去記事で推した血統傾向で挙げたダイワメジャー産駒。

また穴馬消去法推奨馬でありデスデータ突破馬。

新馬戦では重賞2勝を挙げたバビットに4馬身差をつけて圧勝したことがあるくらいの馬で、近走成績が冴えない馬や斤量を背負わされている馬が多いのでチャンスはあるはず。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

この馬を選んだ最大の理由は以下の通り。

過去4年の傾向から5番人気以下の穴馬の好走率が極めて高い条件は…

 

関西馬×4歳以下×8番ゲート以内馬

 

複勝率は脅威の57,1%という成績。

今回のレースの5番人気以下馬でこの条件に該当するのはこの馬だけです。

 

(D) フェアリーポルカ

昨年の好走馬でもあり、昨年同様理想の内枠を手に入れた。

とにかく中山コースは強く4戦4圏内でその全てが重賞

ここは押さえておくべきでしょう。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です