ターコイズステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はターコイズステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝1600mハンデ戦。

昨年はガチガチ、一昨年はバカ荒れでイマイチ掴めないレースですが、今年はどうなるでしょうか。

 

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

2番人気想定マルターズディオサは回避です。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

中山競馬場改修工事後の2014年以降でOP時代も含めた過去6年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ馬有利ですね。

次いで先行・差しがほぼ互角です。

 

ただ迷うのが逃げ馬の存在。

モルフェオルフェは逃げ馬ですが、現時点では除外対象。

そうなると残る逃げ馬スマイルカナとトロワゼトワルの存在。

この2頭が一緒に走って、前残りの競馬になるのかどうか?

京成杯の時にこの2頭は直接対決をして2頭とも圏内に入ったが、あの時は開幕週で5着までの馬が全て4角6番手以内の馬だった。

しかしこの時はトロワゼトワルが近走逃げ一手でしか結果を残せていなかったが、久しぶりに控えて勝利した。

またスマイルカナも過去に控えて結果を残している。

ガリガリ逃げあうなら、この2頭の後ろに付けられそうな3~4番手くらい馬 又は 中団前目くらいまでの差し馬が理想的な配置かとは思います。

逆にお互い無理に競りあわなければ京成杯の再現もありえるか?

難しいところです。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ダイワメジャー
・メイショウサムソン
・キングカメハメハ

又は

・ロベルト内包馬

です。

とにかく注目はロベルト内包馬。

毎年のように好走馬が出ていて、今年はその対象馬も3頭しかいないので特に重視したいですね。

 

今回の該当馬は

 

アンドラステ
シーズンズギフト
ランブリングアレー

 

以上3頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 5歳以下
② 斤量53キロ以上
③ 前走G1出走又は前走2着以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

スマイルカナ

 

以上1頭です。

ちなみにマルターズディオサは回避なので、想定人気5番人気以内から選んでいます。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

前走負かした相手は中日新聞杯優勝馬。

そしてこの馬の血統は5年連続圏内中の母父ロベルトを持っている。

又近走の成績を見るとディープ産駒らしく勢いに乗ったら止まらないといった馬柱。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です