セントライト記念2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はセントライト記念2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では11番ゲート以降不利と判断しています。

現時点のオッズを見ると上位人気5頭が単勝一桁台で6番人気以下とはやや差があります。

よって今回は上位人気馬5頭の配置を見ていきます。

まず今回の上位人気勢は全て先行馬。

土曜競馬を見ても内枠有利な傾向がやや強く、6枠以降の成績がイマイチでした。

それを考慮すると6枠10番オーソクレース・7枠11番ルペルカーリア・7枠12番ソーヴァリアント・8枠13番グラティアスでの4頭は全て外枠配置。

 

唯一5枠7番タイトルホルダーだけが一桁番をゲット。

逃げるのはノースブリッジであろうが、横山武史騎手でこの配置なら2~3番手くらいを確保できる可能性が最も高そう。

 

本命馬や対抗馬は基本的に1~4番人気の上位人気馬から選ぶのが基本。

かなりの大混戦やハンデ戦でもせいぜい6番人気くらいまでから選びます。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

そして今回は3連単で勝負したいと思います。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の本命馬は

 

5枠7番タイトルホルダー

 

対抗馬は

7枠11番ルペルカーリア
7枠12番ソーヴァリアント
8枠13番グラティアス

 

ペースはある程度流れてタイトルホルダーには厳しい展開も考えられるが、それは他の上位人気馬4頭も同じこと。

それならば枠順と皐月賞・ダービーの実績を加味するとこの馬が最も信頼に足りる。

 

上位人気馬から消したのはオーソクレース。

やはり長期休養明けは痛い。

ルメール騎手で人気を吸ってくれるなら有難い。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

 

(3連単フォーメーション)

(1着) 
5枠7番タイトルホルダー

(2・3着)
7枠11番ルペルカーリア
7枠12番ソーヴァリアント

8枠13番グラティアス

 (2・3着)
穴馬(C)(D)

各200円×12点=2400円

 

(1着) 
7枠11番ルペルカーリア
7枠12番ソーヴァリアント
8枠13番グラティアス

(2着)
5枠7番タイトルホルダー

 (3着)
穴馬(C)(D)

各200円×6点=1200円

(計3600円)

 

馬券の組み立てとしてはタイトルホルダーが負けるとしたら、対抗馬の3頭のどれかという考えです。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

血統傾向・穴馬消去法の記事で挙げた馬で今回は好走枠と言える内枠配置。

近2走は良いところが無かったが、2戦目ではダービー馬シャフリヤールに先着した実績を持つ。

距離は1800mがベスト?という可能性もあるが、今回は展開的にもこの馬に向く可能性があり、内で溜めてズドン!に期待したい。

(D) レッドヴェロシティ

長距離重賞実績もあり、同コース勝利経験もある。

またこのレースは馬格のある馬の好走率高く、特に520キロを超す馬の複勝率は37,5%という好成績。

2000m以下のレースでは伸び悩んでいた馬が、2200m以上の距離になってから成績が安定している。

前走も差し馬有利な展開ながら、唯一逃げて粘り込んだ能力も評価したい。

ただ控えて結果を残している馬でもあるので、個人的にはあまり先行勢に付き合わないで欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です