セントライト記念2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はセントライト記念2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは4枠4番フィリオアレグロですが、前走はフルゲートの最内枠からでも競馬が出来たので、少頭数でこの配置なら特に問題ないでしょう。

 

次に6枠7番ガロアクリーク7枠9番サトノフラッグですが、両馬とも中団くらいからの競馬がスタイル。

内過ぎず外過ぎずで良いと思います。

 

最後に5枠6番バビットですが、単騎逃げが濃厚で丁度ど真ん中。

もっと内でも良かったが悪くは無い。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連複フォーメーション)

穴馬(C) 

6枠7番ガロアクリーク

4枠4番フィリオアレグロ・5枠6番バビット 

(各600円)

 

穴馬(C) 

6枠7番ガロアクリーク

7枠9番サトノフラッグ

(800円)

(計 2000円)

 

今回はいつもの馬単勝負ではなく、3連複で勝負です。

基本的に堅いレースで、頭数も少なく穴が食い込んでも3着までと予想。

 

対抗馬として選んだ上位人気馬はガロアクリーク。

やはり格がものを言うレースで、前走ダービー組は軽視できない。

そうなると単純に皐月賞・ダービーで2戦ともサトノフラッグに先着しているガロアクリークは外せない。

1着狙いならサトノフラッグもアリだが、3着以内を狙うならガロアクリークの方が堅実だと思います。

 

そして今回選んだ穴馬(C)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

絶好枠に入ったこの馬。

このレースは内枠が特に好成績で、脚質的にもピッタリ。

2010年以降の開催数9回で3番ゲート以内の馬が来なかった年は2016年の1度だけ。

距離を伸ばしてからの非根幹距離で2連勝。

そして前走は同距離で勝利。

枠と距離適性に賭けてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です