セントライト記念2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はセントライト記念2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝2200m戦。

例年荒れることが少ないレースで今年も上位5頭が抜けているかも。

あまり狙い過ぎない方が良いかもしれませんね。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が2014年改修工事後の過去5年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると基本は先行馬。

次いで逃げと差し馬ですね。

 

逃げ・先行勢から考えると、前走4角5番手以内だった馬は過去5年の圏内馬15頭中10頭を占めます。

やはり前で競馬が出来る馬は有利なようです。

 

逆に前走4角11番手以下は15頭中1頭しかいません。

追い込み馬に関してはかなり分が悪い。

今回これに該当するのは前走ダービーで4角12番手だったサトノフラッグだけ。

あくまでデータなので要らないとは言えませんが嫌なデータです。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディーインパクト

 

又は

・ロベルト内包馬
・トニービン内包馬

 

です。

ディープインパクトはもちろんロベルト内包馬も走っています。

トニービン内包馬はルーラシップやハーツクライがトニービン持ちです。

今回の該当馬は

 

アイブランコ
エクセレントラン
エヒト
サトノフラッグ
ピースディオン
フィリオアレグロ
フォワードアゲン
マイネルソラス
ラインハイト
リスペクト

 

以上10頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

2014年を除く過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走1着馬
② 前走ダービー出走馬はダービーで2着以内馬or2番人気以内馬
又は 前走ダービー出走且つ2走前に皐月賞で3着以内or青葉賞1着  

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年(開催数は9回)で8回。

そしてその8回中、上記の条件のどちらかに該当した4番人気以内の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ガロアクリーク

 

以上1頭です。

ダービーで惨敗した馬でも巻き返してくるパターンは皐月賞好走組や青葉賞で勝った馬が多いですね。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

穴とは言えない想定オッズですが、この馬はいいかもしれません。

メンバーを見る限り単騎逃げが叶いそうなメンバー構成。

前走勝った時の4着馬が紫苑ステークス2着に入ったことからもある程度能力はあるでしょう。

想定騎手を見てもバカ売れはしないと思うのでソコソコ人気なら狙ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です