新着エントリー

セントウルステークス2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは中京競馬場で行われる芝1200m戦。

阪神開催から中京コースに替わって今年で3年目。

正直データで予想するにあたっては情報量が少な過ぎます。

説得力に欠けるデータも多いですが、与えられた情報を出来るだけ活用して予想していきたいと思います。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下は2012年以降の開幕週限定の同コース重賞過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ馬からは勝ち馬はいない。

ただ先行勢では4勝・差し・追い込みで6勝している。

また複勝率では逃げ・先行勢の複勝率が高い。

こうしてみると脚質的にはどこからでも入れそうだが、前走脚質から調べてみるとある程度好走率の高い条件がある。

それは…

 

① 前走4角8番手以内

*前走海外遠征馬は前々走の国内戦を対象

 

圏内馬30頭中28頭がこの条件に該当する。

この条件に該当する馬は

 

コムストックロード
シャンデリアムーン
ジャスパープリンス
ダディーズビビッド
ファストフォース
ボンボヤージ
メイケイエール

 

そして前走4角18番手ではあるが、痛恨の大出遅れでそれ以外では逃げ番手馬である…

 

ジャングロ

 

この馬は異例ですが対象馬に入れておきます。

この馬も含めると脚質推奨馬は計8頭です。

この中に上位人気想定のソングラインが入りませんでした。

傾向から判断すると危険な人気馬という可能性も十分考えられます。

 


枠順傾向データ 」

以下が2012年以降の開幕週限定の同コース重賞過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると極端に内と外の成績が悪い。

それ以外では大きな差はみられません。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ても全体傾向同様で最内・大外付近が不振ですね

ただ今回の登録馬は15頭なので外枠不利は参考外とします。

 

上記のデータを考慮して

 

1~2番ゲート不利

 

と判断します。

 


血統傾向データ 」

2012年以降の開幕週限定の同コース重賞、過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

母父ミスプロ系を除く母父or母母父に

・ノーザンダンサー系

です。

特に近2年の中京開催のセントウルステークスでは母父ノーザンダンサー系が大活躍しています。

今回は該当馬が多いので非該当馬を載せます。

今回の該当馬

 

コムストックロード
サンライズオネスト
ソングライン
タイセイアベニール
チェアリングソング
メイショウケイメイ

 

以上6頭です。

脚質傾向に続いてここでもソングラインが不利データに該当。

この馬が消えてくれると配当的に跳ねるので飛んでくれないかな…

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走古馬G1で一桁着順 
② 前走重賞で2着以内or1番人気

 

いつもなら想定4番人気以内馬から選びますが今回は完全な3強構成となっているので、想定3番人気以内馬を対象とします。

上記の条件に該当する馬は

 

ソングライン
メイケイエール

 

以上2頭です。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走重賞組
② 前走4着以内or4番人気以内or4角4番手以内  

 

こちらも同じく3強構成となっているので、想定4番人気以下馬を対象とします。

上記の条件に該当する馬は

 

ボンボヤージ

 

以上1頭です。

前走OPクラス出走馬が多く、たった1頭しか該当馬がいませんでした。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は過去10年の5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は8,3%です。

 

・7歳以上(0・1・0・24)複勝率4,0%
・前走間隔中7週以上(1・0・0・30)複勝率3,2%
・前走から斤量減(1・0・0・30)複勝率3,2%
・前走馬体重507キロ以上(0・0・0・18)複勝率0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

チェアリングソング
ボンボヤージ
モントライゼ

 

以上3頭です。

かなり多くの馬が前走間隔の項目で消えました。

このレースで穴をあける馬の多くは前走間隔が詰まった馬の方が好走率が高いです。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

前回この馬を挙げないで今回推奨するなど素人丸出しだが、これまで挙げてきたデータでは満点です。

脚質傾向・血統傾向・穴馬消去法・デスデータ突破馬の全てで名前が挙がったのはこの馬だけ。

あとは前走がフロックだと舐められて少しでも人気が下がるのを祈るのみ。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。