新着エントリー

スワンステークス2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回はスワンステークス2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは阪神競馬場で行われる芝1400m戦。

今年は京都開催ではなく阪神開催。

毎年人気馬は絡みはするが、人気薄の1着や1番人気が順当に絡まなかったりと波乱含みのレース。

今年の想定1番人気は古馬になってから7戦1勝で残る6戦全ては圏外のダノンファンタジー。

この馬が1番人気になるくらいなので今年も荒れる要素は満載。

穴馬の1着付けも考える余地があるかもしれません。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

今年は例年の京都開催ではなく阪神開催。

よって今回は同条件に近い開幕7日目3歳以上同コース重賞で調べました。

阪神カップのデータとなります。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると先行馬の成績が一番安定しているが、追い込み以外はそれほど差はない。

ただ今年の登録馬を見ると逃げ馬はマイスタイルくらい。

単騎逃げが叶うならまずこの馬は要注意。

 

更に先行馬もセイウンコウセイ・ダノンファンタジー・ビッククインバイオ・ホウオウアマゾンの4頭くらいか。

今年は先行勢にやや分がありそう。

 

ただ後方勢が全く来なかったという年もなく、後方勢に注目してみたが前走上りから共通点は見つからなかった。

ただ圏内に入った17頭中11頭が

 

前走G1出走馬 

 

これはG1クラスでは上りで劣るが、レベルが下がればそれなりの脚が繰り出せるということかもしれません。

これに該当するのはクリノガウディー・サウンドキアラ・ダノンファンタジー・ホウオウアマゾンの4頭。

ただダノンファンタジーとホウオウアマゾンは先ほど先行馬として名前を挙げた馬なので、後方勢で可能性が高そうなのはクリノガウディー・サウンドキアラ辺りかもしれません。

 


次は枠順傾向です。

こちらも阪神カップのデータから過去10年の枠順傾向を調べました。

 

 

これを見ると勝ち馬は14番ゲート以降から出ていません。

そして17・18番ゲートの大外枠はやや不振。

外枠は割引か?

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると勝ち馬は11番ゲート以降からは出ていない。

そして17・18番ゲートからは圏内馬無し。

上記のデータを考慮して

 

17・18番ゲート不利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

こちらのデータも阪神カップを参考にしました。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト
・ノーザンダンサー系

又は

・父サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系
・父サンデーサイレンス系×母父ナスルーラ系

です。

圏内馬15頭をパターン化すると上記の4パターンで14頭が該当します。

 

今回の該当馬は

 

カツジ
サウンドキアラ
ダノンファンタジー
フィアーノロマーノ
マイスタイル
ルフトシュトローム

 

以上6頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 5歳以下
② 前走G1組は
6着以内or6番人気以内 
 その他路線は前走2着以内or1番人気(但し前走OPクラス以下出走馬は1着に限る)

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

クリノガウディー
ホウオウアマゾン

 

以上2頭です。

本当なら前走G1組は安田記念組に限定したかったのですが、今年は出走馬がいないので前走G1組としました。

そういう意味では信頼度は低いかもしれません。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 前走G1出走馬 又は 前走2着以内or2番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で7回。

そしてその7回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は5回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ギルデッドミラー
サウンドキアラ
ファーストフォリオ
リレーションシップ

 

以上4頭です。

このレースでよく穴をあける前走オパールステークス組ですが、今年は出走馬がいません。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

過去10年の全体傾向と5番人気以下の穴馬限定で調べた極めて好走率が悪いデータは以下の通り

 

7歳以下(0・0・0・21) 複勝率0%
前走間隔25週以上(0・0・0・9) 複勝率0%
5番人気以下の関東馬(0・1・0・24) 複勝率4%
5番人気以下で前走着差0,6秒以上の敗退馬(2・0・1・64) 複勝率4,4%

 

この条件を全て突破した想定5番人気以下馬は6頭いるが、その中で最も期待値が高そうなのはこの馬。

前走は初の洋芝コースで1番人気で敗退したが着差は悲観する程ではない。

3歳時にはレシステンシアと差のない競馬をしたこともある馬。

今回は重賞含め2戦2連対の得意とする阪神1400mで激走を期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です