スワンステークス2020予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回はスワンステークス2020の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 


まずは枠順傾向から見ていきます。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝馬は8番ゲート以降から8頭出ています。

但し、内枠の複勝率が低い訳ではありません。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

これを見ると穴馬は14番ゲート以降からは全く出ていません。

ただ、今の京都は内側の芝がかなり傷んでいて、先週の日曜の芝レースは1~3枠はかなり厳しい成績でした。

馬番で言うと1~5番ゲート辺りです。

以上のことを考えると中枠辺りがベストかもしれません。

 

上記のデータを考慮して

 

6~13番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 前走G1出走馬 又は 前走4着以内or2番人気以内  

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で7回。

そしてその7回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ボンセルヴィーソ
メイショウオーパス

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


前回の記事では穴馬候補を1頭挙げましたが、今回は2頭目の穴馬候補を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

近8走中上り1位を6回記録していて、昨年はサウンドキアラを負かした経験もある。

前走は長期休養明けながら快勝して、上澄みもありそう。

外差し馬場で中枠くらいに入れば、一発あっても不思議ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です