スワンステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はスワンステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは京都競馬場で行われる芝1400m戦。

勢いが止まらないサウンドキアラやG1馬アドマイヤマーズが登場です。

下位勢には既に終わった感の馬も多いですが、面白そうな穴馬を探していきたいと思います。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見るとまず目立つのが逃げ馬の成績。

今回逃げるとしたら枠順にもよるが、ロケットかベステンダンクあたりか。

ただ先週は外差し馬場だったので微妙。

 

そうなると今の馬場を考えるとやはり差し馬か。

過去10年で差し・追い込みで7勝挙げていることからも、狙うならここ。

ただ過去の差し・追い込み馬で好走歴があったのは

 

・前走OPクラス以下ならサングレーザーやダイアトニックのような勢いのあった馬

・それ以外は最低でも重賞で一桁着順

 

今回この条件に合致しそうな後方タイプはまずアルーシャ

そして物の凄い勢いは無いがG1実績もあり久しぶりの追い込みで勝ったカテドラル

あとは格下だが3戦連続上り最速、前走半年以上の休み明けで快勝したメイショウオーパス

特にこの馬はサウンドキアラに随分前になるが競り勝った経験もある。

 

外枠に配置されるなら注意したい3頭ですね。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト

 

又は

 

・ダンチヒ内包馬

・ストームキャット内包馬

 

です。

ディープインパクト産駒はもちろんですが、上記の表には網羅されていませんがダンチヒやストームキャットを内包している馬の好走が目立ちます。

 

今回は該当馬が多いので非該当馬を載せます。

今回の該当馬

 

アドマイヤマーズ
キングハート
スマートオーディン
ベステンダンク
ボンセルヴィーソ
レインボーフラッグ

 

以上6頭が該当馬です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 前走安田記念orスプリンターズステークス出走馬又は前走1着馬  

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

アドマイヤマーズ
カテドラル

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

距離適性は文句なしのメンバー中最多の4勝。

脚質傾向でも書いた通り、末脚も安定している。

血統も文句なしのディープインパクト産駒。

外枠配置で人気もソコソコなら狙ってみる価値は十分あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です