スプリンターズステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はスプリンターズステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝1200m戦。

秋のG1シリーズ第1弾です。

今回はグランアレグリアを筆頭にモズスーパーフレア・ダノンスマッシュ・ダイアトニックの上位人気4頭が1歩リードしているのかなという印象。

荒れるなら3着に何が突っ込んでくるかという考えでいます。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

2014年の改修工事後の過去5年の脚質傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると複勝率は圧倒的に逃げ馬有利。

ただ勝ち馬では全5勝全てが差し馬です。

 

そこで注目はまず逃げ馬。

今回逃げ候補はモズスーパーフレア・ラブカンプー・ビアンフェ辺りか。

枠順にもよるだろうが、逃げるのはモズスーパーフレアでしょう。

ハイペースは必至だが、自分の形に持ち込んでしまえばこの馬はそう簡単には崩れない。

しかも得意の中山コースとなれば要注意です。

 

次いで差し馬ですが、全5勝を挙げている1着馬に注目しました。

まずポジションだが前走4角9番手以内、但し前走安田記念組は4角10番手以下でも良い。

過去5年で差しで1着になったのはタワーオブロンドン・ファインニードル・レッドファルクス・レッドファルクス・ストレイトガール。

レッドファルクスは2年連続です。

前走安田記念(2017年のレッドファルクスは4角13番手)以外の馬は基本的に前走4角9番手以内。

更に条件を付け加えると、5頭全てに共通する前走上り3位以内且つ4着以内。

①と②の条件に合致する馬はグランアレグリア・ライトオンキュー・レッドアンシェル

但し、上り1・2位の複勝率を見てもわかる通り、キレキレの脚は必要なさそう。

3戦連続上り1位のグランアレグリアはちょっとズレてるのかも?

妙味も考えるとライトオンキュー・レッドアンシェル辺りは面白いかもしれません。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ミスプロ系

 

です。

近3年はミスプロ系の独壇場で血統で入るならミスプロ系は外せません。

 

今回の該当馬は

 

カイザーメランジェ
ダイアトニック
ダイメイフジ
ダノンスマッシュ
モズスーパーフレア
ヤマカツマーメイド

 

以上6頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

2014年を除く過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走G1組orキーンランドカップ組orセントウルステークス組
② 前走4着以内  

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年(開催数は9回)で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

グランアレグリア
ダノンスマッシュ

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

脚質傾向でも書いたこの馬。

スプリンターズステークスで差してくるならソコソコの位置をキープ出来て、上りもソコソコ出せるというのが理想的。

本格化して以降は長期休養明けを除けば安定した成績を残している。

鞍上も地味なのでそれ程人気にもならないでしょう。

3着狙いならチャンスありだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です