スプリングステークス2021予想 人気馬・穴馬別過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事

今回はスプリングステークス2021の人気馬・穴馬別過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

よろしければ阪神大賞典2021の記事も書いているのでご覧ください。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝1800m戦。

今年のメンバーを見ると堅軸と言える馬もいなく、オッズもそれなりに割れそう。

馬券的には面白いレースになりそうです。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が中山競馬場改修工事後の過去6年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると捲りを先行馬として考えるなら、先行・差しでほぼ決着がついています。

逃げ・追い込みは割引いて考えた方がよさそうです。

 

そこで先行・差し・捲りで圏内に入った馬に多く共通する点を調べてみました。

前走G1出走馬を対象にすると共通点がややズレるのですが、今回幸いにも前走G1出走馬がいないのでそれ以外から調べるました。

前走G1出走馬を除く先行・差し・捲りで圏内に入った12頭中9頭に共通する点は

 

前走500万クラス以上
前走2着以内
前走4角8番手以内
前走上り3位以内 又は 初角先頭を除く4角2番手以内

 

今回これに該当するのはイルーシヴパンサー・ロードトゥフェイム・ヴェイルネビュラの3頭です。

どの馬もそれ程人気があるわけでもないので、押さえておいても損はないと思います。

 


次は枠順傾向です。

以下が中山競馬場改修工事後の過去6年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると基本的に少頭数のレースが多く、多頭数レースの場合の外枠が不利かどうかは判断が難しい。

現在の登録馬が17頭なので、5頭くらい回避馬がでれば例年のように内外で特に有利不利はないでしょう。

ただ、1番ゲートを除けば7~12番ゲートがやや有利かなという気もします。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬でみても12番ゲートまでは大きな有利不利はなさそう。

ただこちらも強いて言えば7~12番ゲートがやや有利かもしれない。

 

一応現在のネットケイバさんの想定騎手を見ると5頭が空欄で最終的には12頭立てくらいになるかも。

 

やや外有利という気もしますが決定的な差はないので、上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ステイゴールド系
・キングカメハメハ系
・マツリダゴッホ

です。

ステイゴールドはもちろん、その産駒のドリームジャーニーやオルフェーヴルと言った種牡馬も好走している。

同じようにキングカメハメハ産駒のロードカナロアも種牡馬として好走馬を出しています。

あと2歳時に強いイメージがあるマツリダゴッホ産駒も父の影響なのか中山コースでの好走率は高いです。

 

今回の該当馬は

 

タイフォン
レインフロムヘヴン
ロードトゥフェイム
ヴェイルネビュラ

 

以上4頭です。

 


次に消去法です。

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

震災があった2011年を除く過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青・緑色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走G1で4着以内
② 前走G2・G3で3着以内 且つ 3番人気以内
 前走OP・500万クラスで2着以内 且つ 2番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年(開催数は9回)で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件にいずれかに該当する馬は

 

ランドオブリバティ
ヴェイルネビュラ

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 

次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

震災があった2011年を除く過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走クラス500万以上
② 前走OPクラス以上で4着以内 又は 前走500万クラスで2着以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年(開催数は9回)で8回。

そしてその8回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

イルーシヴパンサー
レインフロムヘヴン
ロードトゥフェイム
ワールドリバイバル
ヴィゴーレ

 

以上5頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A)

血統傾向と穴馬消去法で挙げた馬。

3走前は共同通信杯覇者エフフォーリアの2着で、その時は当レース現在想定4番人気ヴェイルネビュラにも先着している。

崩れたのは2走前だけでまだ底は見せていない。

ただ心配なのは脚質。

過去の逃げ馬の戦績がイマイチだし、今回同型馬もいる。

3走前は控えて好走しているだけに、今回も同様の競馬を期待したい。

 

(B)

中山コースで2戦2勝で連勝中。

血統傾向で挙げたマツリダゴッホの影響か適正はありそう。

その他にも脚質傾向・穴馬消去法でも候補に挙がった。

鞍上・血統共に地味なので、人気もあまりなさそうなのがかえって美味しそう。

前走は不良馬場での勝利で週末の天気も崩れる可能性がありそう。

そうなればチャンスは更に広がるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です