新着エントリー

ステイヤーズステークス2021予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは東京競馬場で行われる芝3600m戦。

今年の登録馬を見ると毎年のことですが、かなりの低レベルでとてもG2とは思えないメンバー構成。

普段なら即消しするような馬がたくさん集まり、近2年はかなりの荒れ模様。

その近2年はアルバートという絶対的な馬が陰りを見せてからの傾向。

今年も不動な馬がおらず難解な一戦になりそうです。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると特筆なのは上り1位・2位の複勝率。

先行馬の複勝率もかなり高いですが、先行して圏内に入った馬13頭中6頭が上り1位・2位馬と重複しています。

よって注目はやはり上り1位・2位馬。

この上り2位以内で圏内に入った18頭の共通点を調べてみると、その内14頭が…

 

① 過去に3000m以上の重賞で上り3位以内を経験 又は 近3走全て上り3位以内

 

この条件に該当する馬は

オセアグレイト
ディバインフォース
トーセンカンビーナ

 

この中で重視するならオセアグレイトとディバインフォースですね。

オセアグレイトは昨年の勝ち馬で前走も上り3位というそれなりの脚は使っている。

またディバインフォースは前走上り1位で決め手ならメンバー1・2を争う馬。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬も2・3着馬も満遍なくどのゲートからも出ています。

有利不利は特に無さそう。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ても同じような結果ですね。

内でも外でも大きな差は見られません。

 

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父・父母父・母父・母母父に

・トニービン内包馬
・ロベルト内包馬

です。

圏内馬15頭中オセアグレイト・リッジマン・プレストウィック・ファタモルガーナ以外の11頭がトニービン・ロベルト内包馬で約73%を占めています。

オセアグレイトは昨年の1着馬ではありますが、トニービン・ロベルトを内包していません。

 

今回の該当馬は

 

アイアンバローズ
アスティ
アドマイヤアルバ
ゴースト
シルヴァーソニック
セダブリランテス
マンオブスピリット

 

以上7頭です。

ちなみにトニービン・ロベルト持ちの4番人気以内馬は過去5年で毎年必ず1頭は圏内に入っている。

今回の想定4番人気以内馬でトニービン・ロベルト持ちの馬はアイアンバローズだけです。

 


消去法データ 」

消去法は2011年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走上り6位以内

 

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

オセアグレイト

 

以上1頭です。

毎年低レベルメンバーが集まるせいか、前走着順はそれほど関係ない。

それよりも上がり勝負の傾向が強いレースなので、前走である程度上がりの速い馬が有利な傾向があるようです。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走アルゼンチン共和国杯出走馬 又は 前走5番人気以内

 

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アドマイヤアルバ
ゴースト
ディバインフォース
トーセンカンビーナ

 

以上4頭です。

前走アルゼンチン組は惨敗馬でも特に問題ない。

ただ他の路線組はある程度の人気・着順・上がりが必要なのがわかります。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は9,1%です。

 

・栗東所属騎手(0・0・0・13)複勝率0%
・前走より斤量2キロ増以上(0・0・0・30)複勝率0%
・前走馬体重495キロ以上(0・0・0・23)複勝率0%
・前走距離2000m未満(0・0・0・7)複勝率0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

ディバインフォース
トーセンカンビーナ

 

以上2頭です。

この2頭でトーセンカンビーナはちょっと嫌いたいですね。

とにかく未だに出遅れ癖が治っていない。

4歳時の阪神大賞典では大出遅れでも2着にきた実績があるので長距離ならカバーできるという考えもあるが、あの時はまさに「勢いに乗っているディープインパクト産駒」という時期。

今は「旬を過ぎたディープインパクト産駒」で出遅れをカバーできる能力が未だにあるかは疑問です。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

穴馬を1頭だけ選べと言われたら間違いなくこの馬を選ぶ。

とにかく決め手がモノを言うレースで、上り最速候補ならこの馬ではないか。

菊花賞でも上り3位の脚を使って4着という実績がある。

脚質傾向・穴馬消去法推奨馬でデスデータも突破した。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。