ステイヤーズステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はステイヤーズステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝3600m戦。

注目はなんと言ってもアルバートですね。

もはやこのレースのためだけに現役を続けているような馬。

昨年は2着でしたが、今年はどんな走りを見せてくれるでしょうか。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると明らかに上がり1・2位の成績が抜けています。

そこで上がり1・2位で圏内に入った馬の共通点を調べてみると、

 

過去に3000m以上のレースで上り3位以内を経験 又は 近3走全て上り3位以内

 

この条件で圏内馬18頭中15頭が該当します。

今回該当するのはアルバート・タガノディアマンテ・ボスジラ・メイショウテンゲン・リッジマンの5頭。

この中で長期休養明けのタガノディアマンテとピークは過ぎ去ったリッジマンは厳しいでしょう。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト

又は

父方に

・トニービン内包馬

又は

母方に

・ロベルト内包馬
・ネヴァーベンド内包馬

です。

 

今回の該当馬は

 

アドマイヤアルバ
アルバート
オセアグレイト
シルヴァンシャー
タイセイトレイル
ダンビュライト
ヘリファルテ
ボスジラ
ポンデザール
メイショウテンゲン

 

以上10頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 牡馬・セン馬
② 前走京都大賞典・アルゼンチン共和国杯出走馬 又は 前走1着馬
③ 前走間隔3~13週以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

アルバート
ボスジラ
メイショウテンゲン

 

以上3頭です。

人気馬ポンデザールはどの項目にも当て嵌まらず、またこの馬の成績は完全に夏馬

さらに先程の脚質傾向でも挙がらなく、ルメール人気でオッズを吸ってくれるなら、真っ先に消したい1頭です。

 

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

3000m以上のレース経験はなく、距離適性があるかも疑問。

しかし長期休養明けを2度も繰り返し、下位人気馬の中でまだ底が見えきっていない。

前走のメンバーはかなりのハイレベルでそのなかでの4着。

今回は数枚落ちるメンバーで、下手したら頭まであってもいいくらいだと思います。

ただこんなに人気のない馬では無いはずで、あとはオッズ次第ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です