ジャパンカップ2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はジャパンカップ2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では一応ですが枠順有利不利無しと判断しました。

ここで土曜日の出目と脚質傾向を載せます。

 

 

これを見ると脚質的には結構差しも効いている。

ただ枠順では荒れた内枠はやはりマイナス評価でしょう。

単純に枠だけで見ると6枠以降が好成績。

ゲートで見ると、最終レース以外は1~3番ゲートの好走率は良いとは言えないですね。

 

今回は3強オッズとなっているので上位人気馬3頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠2番アーモンドアイですが、これは痛いですね。

2年前は内枠有利の超高速馬場で勝利。

今回は内枠不利の時計が掛かり気味の馬場。

基本は1600~2000mくらいが良い馬で、能力は認めるが不動とまでは言えないかもしれません。

勝つためにはある程度前目で運んで、最後の直線で外に持ち出して勝負ですね。

 

次に3枠5番デアリングタクトですが、この配置なら特に問題はないか。

出来ればもう少し外目でも良かったかも。

溜めて末脚勝負でしょう。

 

次に4枠6番コントレイルですが、これは良い枠を引いたと思います。

馬場の真ん中くらいが伸びやすい馬場で、内過ぎず外過ぎず好位をキープできそうです。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
4枠6番コントレイル

(2・3着)
1枠2番アーモンドアイ
3枠5番デアリングタクト

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

(各100円×12点)

 

(1着)
1枠2番アーモンドアイ
3枠5番デアリングタクト

(2・3着)
4枠6番コントレイル

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

(各100円×12点)

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

3強には色々不安もあるでしょうが、基本は上位3頭のどれかが優勝。

そしてその内2頭は圏内に来るだろうという前提です。

 

そしてその上位人気馬から軸で選んだのは4枠6番コントレイル。

選んだ理由は複勝圏内ならこの馬が一番安全そうだからです。

1週前追い切りが悪かったようですが、最終追い切りでは急上昇したようなので信じて選びました。

 

アーモンドアイは不利な枠、そして2年前に勝利した馬場と今年の馬場が違い過ぎる。

あとこの馬が惨敗した有馬記念、グランアレグリアに完敗した安田記念は共に中10週以下。

今回は中4週ということも考えると不安が多い。

当初は圏内ならこの馬が一番だと思っていましたが、枠とその他諸々で評価を下げました。

 

デアリングタクトは脚質傾向の記事でも書いたのですが、

過去10年の勝ち馬10頭をみると9頭は4角6番手以内

圏内馬30頭中25頭が4角10番手以内

デアリングタクトの近4走の4角位置は5・13・12・10

今年は内馬場が荒れているので、インを活かして前有利な競馬にならない可能性もあるが、それでも通常の戦法なら届かずという場面も十分ありそう。

 

そして今回選んだ穴馬(D)(E)(F)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(D)

実績の割りにはあまり人気にならないタイプの馬だが、今回は前走に続きベスト距離の2400m。

枠が外過ぎるのは不安だが、エリザベス女王杯・大阪杯を制したラッキーライラックを3走前に子供扱いするように完勝したこの馬も十分穴馬の資格ありだと思います。

(E)

9年連続トニービン内包馬が好走しているレースで、今回その資格があるのは2頭だけ。

ゲートを出てみないとわからない馬だか、近走の走りを見ても衰えはない。

ただ極端な競馬をした方が結果がでるタイプだと思うので、できれば枠利を活かして積極的な競馬をして欲しいですね。

(F)

普段の穴馬候補は2頭までだが、今回はもう1頭のトニービン内包馬を挙げます。

5歳中頃から成績が安定してきて、距離は違えどG1で3着になるまでに成長した。

あまりにも人気が無いので、思い切って狙ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です