シンザン記念2021予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はシンザン記念2021の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中京競馬場で行われる芝1600m戦。

京都競馬場改修工事のため今年は中京開催となっています。

想定オッズでは牝馬のククナがかなりの人気になっているようですが、過去にはこのレースで好走したアーモンドアイ・ジェンティルドンナ・ジュエラーが後にG1馬となっています。

ククナがそれ程の馬かどうかも見所の一つでしょう。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

過去データが使えないので、同条件に近い中京競馬場改修工事後の開幕1~4日目・同コース500万クラス以上のデータを参考にしました。

以下がその脚質傾向です。

 

 

これを見ると後方馬がやや劣勢ですね。

先週の京都金杯も比較的前目での決着となっているので、脚質的にやや後ろから競馬をするククナにとっては心配材料。

まあルメール騎手ならそこ辺りは読んで前目で競馬をしそうですが‥

3番人気想定のレゾンドゥスリールはキャリア1戦なので脚質は読めないが、2番人気想定の先行馬バスラットレオンにとってはプラス材料。

ただあくまで参考データなので、後は前日の馬場バイアスで判断するのがベストでしょう。

 


次に血統傾向です。

こちらも過去傾向が使えないので、過去5年の同コース重賞で調べました。

データ的には先週の京都金杯と同じデータとなります。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト

又は

・ダンチヒ内包馬

です。

 

先週の京都金杯の血統傾向の記事ではディープインパクト産駒とダンチヒ内包馬を挙げましたが、ディープ産駒のエントシャイデンが3着、ダンチヒ内包馬のピースワンパラディが2着と好走しました。

 

今回の該当馬は

 

カスティーリャ
バスラットレオン
ピクシーナイト
ブルーシンフォニー
ルークズネスト
ルース
ロードマックス

 

以上7頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走G1出走馬又は前走1着or1番人気
② 但し前走未勝利・新馬組に限り1着 且つ 上り1位 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

バスラットレオン
レゾンドゥスリール

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

種牡馬も世代交代が顕著に表れていて、今回も見慣れない種牡馬が多数います。

しかし何だかんだ言ってもこの王道血統は軽視できないです。

2走前は1400m以下なら抜群の成績を誇るモントライゼにタイム差無しの2着。

前走は人気薄にもかかわらず、G1でバスラットレオンとコンマ1秒差の勝負。

3着くらいなら十分狙える馬だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です