新着エントリー

シルクロードステークス2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは中京競馬場で行われる芝1200m戦。

今年も昨年に続き中京開催となっています。

昨年こそ上位人気馬独占でしたが、過去10年で5番人気以外の穴馬13頭中8頭が二桁人気馬というような波乱傾向のレース。

昨年だけ堅かったのは中京開催だったからなのか、たまたまなのかわかりませんが、ハンデ戦である以上狙っていくしかありません。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

今年も中京開催ということで過去レースのデータは殆どありません。

ということで今回はBコース替わり初週で行われた昨年のシルクロードステークスと2016年以降Bコース替わり初週で行われた高松宮記念をサンプルデータとして使用します。

以下がその脚質傾向です。

 

 

これを見ると馬券になっているのはほぼ先行と差し馬だけ。

ちなみに昨年のシルクロードステークスの5着馬までの4角位置を調べてみると、1着から順に9・4・4・9・3番手で前過ぎず後ろ過ぎずです。

そこで上記のサンプルレース計7レースで、先行・差しで圏内に入った20頭を見てみると、前走4角10番手以下だった馬は4頭います。

*前走海外組は直近の国内戦を対象

ただこの4頭には言い訳できる部分があって…

2021年 シヴァージ (福永騎手初騎乗で脚質転換)
2018年 レッツゴードンキ (前走デビュー以来2回目のダート戦)
2016年 ビッグアーサー(前走京都のシルクロードSで大外枠)

2016年 アルビアーノ (前走大外枠で出遅れ)

ここから考えるとやはり理想は…

 

① 前走4角9番手以内

 

最低でもこれくらいの条件を満たす馬が理想です。

この条件に該当する馬は

 

カレンモエ
サヴォワールエメ
ショウナンバビアナ
ビアンフェ
マイスタイル
マイネルアルケミー
メイケイエール
レジェーロ
レッドアンシェル

 

以上9頭です。

除外対象馬は入っていません。

上位人気の一角であるジャンダルムですが、鋭い追い込みが武器の馬。

あの鋭い末脚は魅力ですが、脚質的にはこのレースとは合わないと思います。

2・3着狙いなら買ってもいいが、1着狙いとなると…あとは土曜の馬場次第。

 


枠順傾向データ 」

枠順傾向も脚質傾向と同じく、昨年のシルクロードステークスと2016年以降Bコース替わり初週で行われた高松宮記念をサンプルデータとして使用します。

以下がその傾向です。

 

 

これを見ると9番ゲート以降から好走率が下がっていることが分かります。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると明らかに外枠不利。

16番ゲートから唯一好走したのは2020年の高松宮記念でどの馬も逃げずに楽逃げしたモズスーパーフレアです。

 

全体傾向も加味して考えると

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

ただ昨年のこのレースは外差し馬場でした。

一応土曜の馬場を確認しておいた方が良いでしょう。

 


血統傾向データ 」

血統傾向でもまたまたシルクロードステークスと高松宮記念のデータを使用します。

2017年以降の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ミスプロ系
・ストームキャット系(大系統ノーザンダンサー系)

です。

高松宮記念ではミスプロ系が強いですが、昨年のシルクロードステークスではノーザンダンサー系の1・2着。

但しこの2頭はノーザンダンサー系の中でもストームキャット系に部類します。

2019年のミスターメロディも同じくストームキャット系でした。

 

今回の該当馬は

 

カレンモエ
トウショウピスト
ホープフルサイン
マイネルアルケミー
ミッキーワイルド

 

以上5頭です。

一応5頭残りましたが、馬柱を見る限りカレンモエくらいしか買えないかな。

それに今年は父サンデーサイレンス系の登録馬がかなりいるので、さすがに1頭以上は絡むと思います。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 7歳以下
② 斤量55キロ以上
 前走スプリンターズS 又は OPクラス以上の関西圏のレースに出走
④ 前走芝1200~1400m
⑤ 前走スプリンターズSで6番人気以内or3着以内 又は その他路線で5着以内

 

この条件で毎年必ず好走馬が出ています。

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

カレンモエ
ジャンダルム

 

以上2頭です。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 斤量53キロ以上
② 前走関西圏のレースに出走
③ 前走距離芝1200~1400m
④ 前走5着以内or5番人気以内 

 

穴馬が来なかった昨年を除く9年中8年でこの条件が該当します。

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

タイセイアベニール
ナランフレグ
マイスタイル

 

以上3頭です。

除外対象馬は入れていません。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は2012年以降の5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は10,3%です。

 

・7歳以上(0・0・2・45)複勝率4,3%
・斤量52キロ以下(0・0・0・7)複勝率0%
・前走間隔中10週以上(0・0・1・23)複勝率4,1%
・前走敗戦馬の着差1,3秒以上(0・0・0・9)複勝率0%
・前走から斤量増(0・1・0・20)複勝率4,8%
・前走馬体重445キロ以下・511キロ以上(0・0・0・20)複勝率0%
・前走G1出走馬(0・0・0・9)複勝率0%
・前走距離1600m以上(0・0・0・7)複勝率0%
・前走関西圏以外の出走馬(0・0・1・33)複勝率2,9%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

サヴォワールエメ
ホープフルサイン

 

以上2頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

他にも穴馬候補が数頭いるので最終的に枠順次第になるが、現時点ではこの2頭を選びます。

 

(A) ?????

4走前から馬が一変して連続好走していた。

前走はファストフォース相手に競りかけるちょっと強引すぎる競馬で惨敗。

ファストフォース以外の4着馬まではほぼ追い込み馬で決着するような展開で仕方なし。

今回は鞍上も乗り替わり程よい配置で競馬をしてくれそう。

また項目がかなり多かったデスデータを突破している馬でもあるので、その点でも評価している。

 

(B) ナランフレグ

同コース成績(1・2・0・1)複勝率75%でこのコースを得意としている。

現在OPクラス連続連対中で勢いに乗っているところ。

展開待ちの馬ではあるが、穴馬消去法で残った数少ない馬の1頭。

土曜が余程の前残り馬場でもなければ狙ってみたい。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。