シリウスステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はシリウスステークス2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では16番ゲート不利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠4番アルドーレですが、差し・マクリで近走結果を残している。

ただこの馬は内枠の成績が悪い訳でもないので問題無いでしょう。

 

次に5枠9番ダノンスプレンダーですが、自在タイプなので程良い中枠はどんな戦法も取れる良い配置だと思います。

 

次に6枠11番グレートタイムですが、差し馬なので極端な内枠に入らない中枠なら問題無いでしょう。

 

最後に8枠15番カフェファラオですが、前走の敗因が揉まれ弱さならこの配置でも良いのでは。

ただ敗因が距離なら距離ロスが多い大外枠はマイナス。

無難に中枠辺りが良かったかもしれない。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連複フォーメーション)

穴馬(C)

5枠9番ダノンスプレンダー 

③2枠4番アルドーレ・3枠6番メイショウワザシ・5枠10番ダイメイコリーダ・6枠11番グレートタイム・8枠15番カフェファラオ


(各400円×5=2000円)

 

今回は3連複勝負です。

上位人気馬で1着固定で狙うならカフェファラオなのだが、飛ぶ要素も満載。

ただカフェファラオ以外でこれだと言える頭で狙いたい馬はいない。

だが3着以内で考えるならデビュー以来圏外無し、連勝中の勢い、展開的にも逃げ争いの直後で構えられそうなダノンスプレンダーが一番無難に走ってきそう。

あとは手広く流します。

 

そして今回選んだ穴馬(C)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

鞍上は若手だが同コースで11戦経験して複勝率54,5%という素晴らしい成績。

更に同馬は3走前に上位人気のグレートタイムにも先着している。

このレースは穴馬も含め上り馬の好走率がかなり高いので、人気も考えると妙味ありの穴馬だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です