クイーンステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はクイーンステークス2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


 

(過去記事が消えてしまいましたが)枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠2番スカーレットカラーですが、とにかく後方一手ですからね。

昨年も確かに好走したが、今年は2番ゲートとなると大外ぶん回し?

決してプラスとは言えないでしょう。

 

次に5枠7番コントラチェックですが、とにかく逃げないと持ち味が活きない。

今回は内にナルハヤとタガノアスワドが入ったので展開的には厳しいか?

 

次に5枠8番フェアリーポルカですが、程良い中枠で問題なしでしょう。

 

最後に6枠9番ビーチサンバですが、この馬の場合は枠以上にゲートが問題。

出遅れ癖があるので、理想は偶数番だったでしょう。

 

それでは今回の買い目ですが以下の通りになります。

 

(馬単)

2枠2番スカーレットカラー  穴馬(C)(D) (各500円)

5枠8番フェアリーポルカ 穴馬(C)(D) (各500円)

(計 2000円)

 

穴馬の馬単2着付け勝負です。

上位馬を頭で狙うなら、リターンよりリスクの方が明らかに高そうな出遅れ癖のあるビーチサンバ、逃げれる可能性がかなり低そうなコントラチェック。

消去法で上記2頭を残しました。

 

最後に穴馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

昨年の好走馬でもあり、臨戦過程も昨年同様の滞在競馬。

洋芝が得意なステイゴールド産駒というのも買い材料です。

(D)

同コース2戦2勝でコース適正は文句なし。

この馬も(C)と同じステイゴールド産駒。

2走前にフェアリーポルカと差の無い競馬をした実力を買います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です