新着エントリー

クイーンカップ2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦。

2年前に大穴セイウンヴィーナスが激走しましたが、過去10年で9回が8番人気以内の決着。

また穴馬が2頭以上来た年も2回だけで、堅くはないが大荒れもありません。

そういう意味では3連単少点数のチョイ穴狙いが多い自分のスタイルにピッタリなレースなので、何としても一撃回収で今月プラス収支を確定させたいですね。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると複勝率では逃げ馬と差し馬が優秀。

勝ち馬では先行馬がトップで追い込み馬もまあまあ健闘しています。

また上り1・2位で2勝しか挙げていないことから考えると、このレースはそれほど速い上りは必要なく、ソコソコの位置でソコソコの上りを使える馬が有利と言えそう。

ただ前走の4角位置を見てみたが先行する馬もいれば追い込んできた馬もいて共通点がなく、その他の点でも共通点が掴みにくく傾向が見つかりませんでした。

よってクラス別に分けて考えてみました。

そこである程度わかったことは

 

① 前走新馬・未勝利・1勝クラス組は2着以内 且つ 上り4位以内 且つ 4角10番手以内 11/12
② 前走G3組は6着以内 且つ 4角10番手以内 10/11
③ 前走G1組は当日3番人気以内 前走上り・4角位置は不問 7/8

 

脚質傾向とはちょっと違うデータも含んでしまいましたが、これで圏内馬31頭中28頭が該当します。

この条件に該当する馬は

 

アオイモエ
アメリカンスター
ウインエクレール
ショショローザ
スターズオンアース
ベルクレスタ
モズゴールドバレル
ラリュエル

 

以上8頭です。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬は9番ゲートまでで8勝挙げており、何故か6番ゲートの勝ち数が異常に多い。

外枠が不利という訳ではないが、内か外かと言われれば内有利という感じです。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると外枠からも好走馬が出ているが、一桁番と二桁番に分けると一桁番で複勝率12,7%、二桁番で複勝率6,5%となりやはり内優勢だと思います。

 

上記のデータを考慮して

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

ちなみに現在4年連続で9番ゲート内の馬が圏内を独占しています。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト
・キングカメハメハ
・ダイワメジャー系

又は

父or母父に

・クロフネ

です。

このレースはディープインパクト産駒とクロフネ内包馬がかなりの確率で好走しています。

また昨年は1~3着馬まで父or母父にキングカメハメハの血を持った馬が独占しました。

 

今回の該当馬は

 

アオイモエ
ウインエクレール
スマイルアップ
ラリュエル
ロムネヤ

 

以上5頭です。

今年はスマイルアップがクロフネ内包馬でその他は全てディープインパクト産駒となっています。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1600m以上
② 前走1勝クラス以上
③ 前走阪神ジュベナイルで4着以内or1番人気
④ その他路線で2着以内 or 1番人気

 

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

スターズオンアース

 

以上1頭です。

このレースで好走する上位人気馬は殆どが1勝クラス以上で新馬・未勝利組は成績が振るいません。

 

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1600m
② 前走新馬戦で1着 又は 1勝クラスで3着以内 又は フェアリーステークス出走馬
③ 前走上り3位以内or4角4番手以内 

 

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アオイモエ
ショショローザ

 

以上2頭です。

5番人気以下の穴馬に限ってはとにかく前走マイル組が好走傾向にあります。

今回の該当馬は共に前走新馬戦組ですが、この組は好走率が高く複勝率が33,3%もあります。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は10,1%です。

 

・キャリア6戦以上(0・0・0・21)複勝率0%
・前走間隔中2週以内(0・0・0・11)複勝率0%
・前走OPクラス以下で4着以下(0・0・0・25)複勝率0%
・前走OPクラス以下の敗戦馬の着差0,4秒以上(0・0・0・25)複勝率0%
・前走馬体重419キロ以下(0・0・0・8)複勝率0%
・前走東京コース・地方出走馬(0・0・0・26
)複勝率0%
・前走距離1600~1800m以外(0・0・0・21)複勝率0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

アメリカンスター
ショショローザ
スタティスティクス
ハピネスアゲン
モズゴールドバレル
ラリュエル

 

以上6頭です。

穴馬消去法でも少し触れましたが、前走G3組で好走しているのはフェアリーステークス組。

今年は過去10年で出走例がない前走シンザン記念からショウナンアメリアとモズゴールドバレルが参戦しています。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

デスデータ突破馬で兄にステイフーリッシュ(父ステイゴールド)を持つ。

血統的にもこのレースで好走率が高いディープインパクト産駒。

前走はシンザン記念で1番人気になったストロングウィル(5着)に勝利。

その時の3着馬も次走勝利。

メンバーレベルは決して低くはないであろう。

 

(B) アオイモエ

血統傾向・脚質傾向・穴馬消去法推奨馬。

デスデータ項目で唯一減点だったのは馬体重。

基本的に馬格の無い馬と言うのは買いたくないのだが、自分のデータ項目では準パーフェクトな馬なので、最終結論で変える可能性もあるが今のところは買い目に入れておきたい。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。