クイーンカップ2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はクイーンカップ2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~9番ゲート有利と判断しています。

現時点のオッズは結構割れていますが、総合的にオッズをみるとククナ・リフレイム・アカイトリノムスメ・ステラリアを上位人気馬4頭として扱いたいと思います。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠6番アカイトリノムスメ4枠7番ステラリアすが、共に中団くらいからの差しタイプ。

内過ぎず外過ぎずベストだと思います。

 

最後に2枠2番ククナ2枠4番リフレイムですが、脚を溜めて後方からの競馬がスタイル。

内有利な傾向はあるが、もう少し外よりでも良かったかな。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

(1着)
3枠6番アカイトリノムスメ
2枠2番ククナ

(2着)
穴馬(C)(D)(E)

各400円×6点

(計 2400円)

 

馬単勝負です。

まずは頭で狙いたい1頭はアカイトリノムスメ。

選ぶ基準になったのは脚質傾向の記事で書いた以下の項目。

先行・差しで勝った9頭全てが4角7番手以内。

勝馬は9頭中8頭が3番人気以内で4番人気以内が1頭。

今回の上位人気4頭の中で前目で競馬をしそうな可能性が高いのはアカイトリノムスメかステラリア。

この2頭で優劣をつけるなら、母にアパパネを持つ良血で、東京マイルで2連勝中のディープ産駒のアカイトリノムスメ。

勢いに乗ったディープ産駒は買うしかないですね。

 

もう1頭はククナ。

前で競馬が出来るのかは微妙だが、これだけ内に入ったとなるとルメール騎手なら多少前目で競馬をしてくれると期待したい。

前走は明らかに不利な大外枠で度外視。

2走前は阪神ジュベナイル優勝馬ソダシの2着に入った。

実力を考えればここでは力量上位で、他の上位人気馬よりは鞍上含め買い材料が多い。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

血統傾向と穴馬消去法の記事で共に挙がった穴馬はこの馬だけ。

今回人気は全くないが、新馬戦では朝日杯勝馬グレナディアガーズを撃破している。

ただ問題は気性で前に行きたがること。

血統的には1600mは問題無く、この気性さえ克服できれば激走があっても不思議ではない。

鞍上も良い意味で何をやるかわからない騎手で、人馬共に一発ありそうなこのコンビに魅力を感じます

(D)

新馬戦で負かした相手は既に500万クラスを勝利。

姉にはフローラステークス3着馬フアナがいる。

鞍上も前走に引き続き3冠騎手が騎乗。

まだ底が見えていない可能性に期待します。

(E)

ステラリアの予定でしたが、かなり人気になってしまったので代わりにこの馬を挙げます。

当初は人気馬想定で全く買う気は無かった。

たしかに前走の敗戦で評価が下がるのは分かるが、現状オッズを見るとあまりに舐められ過ぎ。

不良馬場でしか良績が無いとは言え、2走前は牡馬混合G3で2着。

敗れた相手は共同通信杯1番人気想定のステラヴェローチェ。

人気馬としてなら間違いなく買わないが、穴馬としてなら買う要素はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です