新着エントリー

カペラステークス2021予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは中山競馬場で行われるダート1200m戦。

今回の登録馬を見ると上位人気のダンシングプリンスとモズスーパーフレアは同型の逃げ馬。

同じく人気が予想されるオメガレインボーはOPクラス以上での良績が全て1600m以上。

そう考えると比較的堅いレースではありますが、今年は大荒れも十分あり得そうな予感がします。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見るとどの脚質からでも狙えるが、差し・追い込みで圏内馬30頭中21頭を占めていて、単順に考えると7割が後方勢となります。

ただ逃げ・先行勢の複勝率が悪いわけでもなく、こちらも侮れない。

そこで今年の登録馬を見ると冒頭でも書いたがダンシングプリンスとモズスーパーフレアというどうしても逃げたい馬が2頭いて、他に先行勢も多数いる。

そうなると今年はかなりのハイペースが予想され、後方勢有利な傾向ではないだろうか?

近3走で見ると3戦連続で差し・追い込みの馬は除外対象馬を除くと、アポロビビ・スマートダンディー・ミッキーブリランテ・ミッキーワイルド・ヨシオの5頭。

過去10年の圏内馬の7割が差し・追い込み馬ということもあり、また上記5頭は下位人気馬なので狙ってみても面白そう。

ただ戦績的に論外と言えそうなヨシオ、初ダートのミッキーブリランテは微妙。

個人的にはアポロビビ・スマートダンディー・ミッキーワイルド辺りが妙味ありという気がします。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると何故か1番ゲートの勝率・複勝率だけが異常に高く、それ以外は外枠が有利な傾向です。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると全体傾向より更に顕著に1番ゲートと11番ゲート以降の外枠の好走率が高いです。

 

上記のデータを考慮して

 

1番ゲート・11番ゲート以降有利

 

と判断します。

ちなみに1番ゲートで3勝挙げていますがその内2頭は逃げ馬。

逃げそうな馬が1番ゲートに入ったら要注意かもしれません。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ヘイルトゥリーズン系

又は

・ヴァイスリージェント内包馬

です。

ヘイルトゥリーズン系種牡馬の複勝率は32%でかなり高い。

ヴァイスリージェント内包馬は過去5年でレッドルゼル・コパノキッキング・コパノキッキング・サイタスリーレッド・ディオスコリダー・ノボバカラと毎年必ず1頭は連対しています。

 

今回の該当馬は

 

デュアリスト
ミッキーブリランテ
リュウノユキナ
ロイヤルパールス

 

以上4頭です。

除外対象馬は入れていません。

ちなみに今年のヴァイスリージェント内包馬は除外対象馬を除くとリュウノユキナだけです。

 


消去法データ 」

消去法は2011年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走4番人気以内
② 前走上り3位以内or4角4番手以内

 

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ダンシングプリンス
リュウノユキナ
モズスーパーフレア

 

以上3頭です。

今回は上位人気馬からオメガレインボーだけしか消せませんでした。

ただこの馬は過去に1200m戦の経験もなく、近走は1600~1800m辺りを使っていた馬。

1400m戦の戦績も誉められたものではない。

いきなりスプリント戦に対応できるかどうかは疑問で、上位人気馬で嫌うならこの馬かなと思っています。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走JBCスプリント出走馬
② 前走OPクラス以上で1着or3番人気以内
③ 前走4角5番手以内 

 

前走で①or②or③の条件に当て嵌まった馬が好走しています。

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アポロビビ
ゲンパチフォルツァ
スマートダンディー
デュアリスト

 

以上4頭です。

除外対象馬は入れていません。

傾向的には前走4角5番手以内馬が好走していますが、脚質傾向でも書いたようにかなりのハイペースが予想されます。

この4頭の中で絞るとすれば、先行馬のゲンパチフォルツァとデュアリストよりは差し馬のアポロビビとスマートダンディーを重視したいですね。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は9,3%です。

 

・前走9着以降(0・0・1・40)複勝率2,4%
・前走10番人気以降(0・0・1・27)複勝率3,7%
・前走から斤量1,5キロ以上の増減馬(0・0・0・17)複勝率0%
・前走3勝クラス以下(0・0・0・13)複勝率0%
・前走馬体重513キロ以上(0・0・1・26)複勝率3,8%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

スマートダンディー
デュアリスト

 

以上2頭です。

除外対象馬は入っていません。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

展開的にはこの馬に向きそう。

穴馬消去法推奨馬でありデスデータ突破馬。

問題は1200m戦であるということだが、この距離で負けているわけではなく、走っていないだけで好走の可能性がないわけではない。

人気を考えても妙味がありそうな穴馬だと思います。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です