オールカマー2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はオールカマー2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~9番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番ウインマリリンですが、これは絶好枠ではないでしょうか。

日経賞のように内で溜めてIN突きの再現なるか。

今週からCコース替わりになるのも良い。

 

次に3枠6番ランブリングアレーですが、この馬も好枠でしょう。

内過ぎず外過ぎず、あとは詰まらないように馬場の真ん中くらいから決め手を活かすだけ。

 

最後に6枠11番グローリーヴェイズ6枠12番レイパパレですが過去傾向の好枠からは外れた。

特にレイパパレは逃げたいはずなのでなるべく内寄りが良かったはず。

ただ幸いにもロザムールが大外枠というのは助かった。

 

本命馬や対抗馬は基本的に1~4番人気の上位人気馬から選ぶのが基本。

かなりの大混戦やハンデ戦でもせいぜい6番人気くらいまでから選びます。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

そして今回は3連単で勝負したいと思います。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の本命馬は

 

3枠6番ランブリングアレー

 

レイパパレは怖いが、今回は思い切ってこの馬で勝負です。

当初レイパパレ1頭軸の予定でいたが、週中よくよく考えてみたら隙も十分あるのではないかと思ってきた。

斤量は実質58キロの最重量斤量。

体調自体も完調とまではいっていないようで、距離もベスト距離?の2000mよりはやや長め。

逃げたときこそがベストパフォーマンスを発揮してきた馬で、仮に逃げられなかったことも考えるとまさかがあってもおかしくない。

レイパパレの2着、又は消えれば配当は一気に跳ね上がる。

 

ランブリングアレーを選んだ理由はこのレースは差し馬有利な傾向にあること。

また牝馬が好成績である中でこの馬が最軽量。

枠順的にも丁度良い配置で、鞍上も先週の同コースセントライト記念で唯一先行勢で粘り込み、技量的にも信頼できる。

 

対抗馬は

1枠1番ウインマリリン
6枠11番グローリーヴェイズ
6枠12番レイパパレ

 

対抗馬は順当にこの3頭です。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(3連単フォーメーション)

(1・2着)
3枠6番ランブリングアレー

(1・2着)
1枠1番ウインマリリン

6枠11番グローリーヴェイズ
6枠12番レイパパレ

(3着)
穴馬(C)(D)(E)

各200円×18点=3600円

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) キングオブコージ

過去10年の傾向から顕著な傾向を言うと、

① 過去10年で前走間隔6週以下馬は(0・0・1・58)、
② 過去10年で4番人気以下から来た6歳以上馬の成績は(0・0・1・49)
③ 穴馬消去法で書いた2200m実績、
④ 新潟開催だった2014年を除けば穴馬は全て9番人気以内

①②の条件に該当しなく、且つ③④の条件に該当する穴馬はこの馬しかいないんですよね。

脚質・休み明けと不安要素も大きいですがこの馬を推奨穴馬とします。

(D) ?????

前走は明らかな太目の残り。

穴馬消去法の記事で書いたように2200m実績馬は穴傾向にある。

しかもこの馬の戦歴を見ると2200mだけではなく、やたらと非根幹距離レースでの出走が多く安定した成績を収めている。

今回は枠順も良いところを引いたと思うので妙味は薄いが押さえておきたい。

(E) ?????

2014年の新潟開催を除けば過去20年まで遡っても穴馬は全て9番人気以内で且つ12番ゲート以内。

(C)(D)馬もこれに該当するのだが、高配当ならこの馬が一番。

全く買う気はなかったのだが、傾向だけでこの馬を選びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です