オーシャンステークス2021予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はオーシャンステークス2021の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝1200m戦。

昨年こそ堅く収まりましたが、基本的には波乱が多いレース。

今年はカレンモエが1番人想定ですが、堅軸と言える程でもない。

そして2番人気以下もそれなりの不安要素がある。

下位勢にも面白そうな穴馬がいるので、馬券的には今週一番楽しみなレースです。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

中山競馬場改修工事後の過去6年の脚質傾向は以下の通りです。

 

 

全体的に見るとまず逃げ馬は勝率・複勝率でトップ。

そして先行馬も侮れない。

だが一方でこのレースは中山コースのイメージとは違い、昔から差し馬が活躍するレース。

上がり1・2位で6勝中4勝挙げていることからも納得できる。

たださすがに追い込み馬は劣勢ですね。

 

全体的に見ると注目は逃げ馬、そして逆に消し候補に近い追い込み馬です。

まずは逃げ馬から見ていくと枠順次第なところもあるが、今回のメンバーならまずビアンフェが逃げるだろう。

この馬は注意しておきたい。

ただこの馬は去勢明けみたいなのでその点が心配ですね。

 

そして消し候補となる追い込み馬を探してみるとアイラブテーラー・アウィルアウェイ・エイティーンガール・キングハート・ナリタスターワン・ラヴィングアンサー。

ビアンフェが楽逃げするようなら尚更追い込み馬は買いたくないですね。

ここ辺りは完全な追い込み馬で過去の傾向を見ても3着まで。

複勝系・3連系以外の券種を狙う人にとっては敬遠すべき馬だと思います。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ミスプロ系
・ダイワメジャー

です。

ダイワメジャー産駒に関してはナックビーナスだけのデータとなってしまうのでこれが傾向と言えるのか迷いましたが、2016年以降の同コースでサンプル数20レース以上の種牡馬成績を見ても複勝率第2位でした。

よって対象馬として残しました。

 

今回の該当馬は

 

アストラエンブレム
アンヴァル
カイザーミノル
カレンモエ
グルーヴィット
スギノヴォルケーノ
ダイメイフジ
ヒロイックアゲン
ラヴィングアンサー

 

以上9頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走距離1400m以下
② 前走4角5番手以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

アルピニズム
カレンモエ

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

前走の敗戦は気にしなくても良いと思う。

この馬は二桁着順後でもいきなり激走することが幾度もある。

しかもこのレースで2度も好走しているリピーター。

中山芝1200mの戦績は6戦して(2・1・2・1)という戦績で4着以下はG1戦だけ。

これは積極的に狙うべき穴馬だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です