オークス2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回はオークス2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは東京競馬場で行われる芝2400m戦。

1番人気想定は無敗のG1馬ソダシ。

既にG1レースを2勝していて想定オッズも1倍台となっています。

ライバルのサトノレイナスがダービーに向かうとなればもう敵無しか?

ただ誰もが気になるのが父クロフネで東京2400mに対応できるかどうか?

この馬が2着以下か圏外になれば配当は一気に跳ね上がる。

この馬の扱いが馬券のカギになりそうです。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると明らかに差し・追い込みが有利なレースと言えます。

差し・追い込みで9勝、上り1位の複勝率は90%超えです。

このレースはとにかく後方勢重視で考えた方が良さそうです。

 

そこで上り1位で圏内に入った12頭全馬に共通して、差し・追い込みで圏内に入った23頭中19頭に共通する条件を見つけました。

 

前走初角7番手以下or4角7番手以下

前走忘れな草賞1着馬
前走フローラステークス2着以内or1番人気
前走桜花賞3着以内or4番人気以内

 

今回この条件に合致した馬はステラリア・ファインルージュの2頭です。

 


次は枠順傾向です。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬・複勝率ともに好走馬は1~4番ゲートと9~14番ゲートに多く集まっています。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると1~4番ゲートと13番ゲート以降に好走馬は多く集まっています。

全体傾向とやや違うのは穴馬に関しては大外枠でも好走率は特に低いわけではないということ。

 

上記のデータを考慮して

 

1~4・13~18番ゲート有利

 

と判断します。

9・10番ゲートから勝ち馬2頭・2着馬3頭が出ていますがその内4頭は上位人気馬。

好走ゲートというより馬の実力で好走しただけに思えます。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・キングカメハメハ系

又は

母父に

・クロフネ

です。

今回判断に迷ったのはディープインパクト産駒。

昨年までは好走血統にディープインパクト産駒を挙げていましたが、過去5年のディープインパクト産駒の成績を見てみると

 

 

実はたいした複勝率・勝率でもなく、数打ちゃ当たる的な成績。

 

逆に頭数は少ないものの複勝率が高いのが母父クロフネ。

 

 

しかし父クロフネとなると該当馬は過去に2頭いてともに圏外。

ソダシにはマイナスデータです。

 

最後にキングカメハメハ系は対象馬10頭いて3頭圏内の複勝率30%です。

 

今回の該当馬は

 

アールドヴィーヴル
ククナ
ストライプ
スルーセブンシーズ
タガノパッション
ニーナドレス
ホウオウイクセル

 

以上7頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走桜花賞で2着以内or1番人気
② 忘れな草賞・フローラステークス1着馬

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記のいづれかの条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ソダシ

 

以上1頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走OPクラスで1着 又は 前走桜花賞orフローラステークスで2着以内or1番人気

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

クールキャット
ステラリア
スライリー
タガノパッション

 

以上4頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ステラリア

穴馬消去法・脚質傾向で挙げた馬。

5戦連続上り最速でオクース向きの脚質。

1400mと1600mでは勝っていないが、1800mと2000mでは2戦2勝で距離が長い方が向きそう。

前回とは主戦騎手が変わるが、今回の鞍上も劣らずG1常連騎手なので問題ないだろう。

(B) ?????

血統傾向・穴馬消去法で名前が挙がった馬。

また脚質傾向では名前が挙がらなかったが、脚質傾向で書いた条件を忘れな草賞1着馬ではなくOP1着馬とすればこの馬も該当する。

 

前走初角7番手以下or4角7番手以下

前走忘れな草賞1着馬 → 前走OP1着馬
前走フローラステークス2着以内or1番人気
前走桜花賞3着以内or4番人気以内

 

まだ決めかねているが、近2年二桁人気馬が穴をあけているので穴馬の1頭として押さえてみても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です