新着エントリー

エルムステークス2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 6歳以下
② 前走距離1700~2000m
③ 前走5番人気以内
④ 前走4角6番手以内
⑤ 前走馬体重466キロ以上

共通事項を挙げるとすればこんなところでしょう。

そして上記の条件から残った馬はアメリカンシード・ブラッティーキッド・ロードエクレールの3頭です。

あとここからもう1頭絞りたいので、アメリカンシードを切ります。

長期休養明けで2戦連続二桁着順。

過去10年の1着馬で2戦連続二桁着順だった馬はいません。

よって今回はブラッティーキッドとロードエクレールを軸馬とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としています。

(3連単)
3枠4番ブラッティーキッド
1枠1番ロードエクレール
3枠3番オメガレインボー
2枠2番アイオライト
穴馬(C)(D)

◉→◉〇⇔★各100円×24点=2400円
〇→◉⇔★各100円×16点=1600円
(計4000円)

 

対抗馬1頭目はオメガレインボー

前走はウェルドーンに先着を許したが、前走から斤量は1,5キロ縮まった。

洋芝巧者でもあり、このレースと好相性のロベルト内包馬で巻き返しに期待する。

 

対抗馬2頭目はアイオライト

前走控える競馬で結果を残したのは収穫材料。

しかもあまり成績の良くない内枠でのものだから尚更良い。

今回も枠順的に楽に番手くらいの位置は取れそう。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

前走は大幅な馬体増であったが、元々は減っていた馬体が戻っただけ。

このレースと好相性のマリーンステークス好走馬で、脚質傾向から考えても前に行けるこの馬を重視したい。

 

(D) フルデプスリーダー

同コース2戦1勝2着1回でコース適性は十分。

そして前走は(C)馬と同じく当レースと好相性のマリーンステークス組。

人気的にもお買い得な気がします。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。