エルムステークス2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回はエルムステークス2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは函館競馬場で行われるダート1700m戦。

今年は札幌開催ではなく函館開催。

メンバーも例年と違ってレベルの高そうな馬が集まりました。

そんなレベルの高いG1好走馬もいる中で、G3で2着が最高成績のアメリカンシードが1番人気想定。

格で勝負か、勢いで勝負か、週末まで悩みそうです。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

今年は函館開催となっているので例年のデータが使えません。

よって今回は同コースOPクラス以上で調べてみました。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると圧倒的逃げ・先行有利。

これは札幌開催時と変わりません。

現在の登録馬で除外対象馬を除くと、とにかく前で競馬をしたいというタイプはアメリカンシード・スワーヴアラミス・トップウイナー・レピアーウィットの4頭ではないか。

逃げタイプの馬もアメリカンシードくらいで、そうなると流れは落ちつくか?

傾向的にも展開的にもこの4頭は重視したいですね。

 


次は枠順傾向です。

こちらも同じく、同コースOPクラス以上で調べてみました。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると5番ゲートだけが何故不振なのかはわからないが、それ以外で見ると1・13・14番ゲートの複勝率が落ちているのが分かる。

また勝ち馬は8~12番ゲートに多く集まっているので、内枠が有利とも限らない。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると比較的フラットな気もするが、1番ゲートはやや劣勢ですね。

 

上記のデータを考慮して

 

1・13・14番ゲート不利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

こちらも過去データが使えないので、2016年以降の同コース、複勝率30%以上でサンプル数10レース以上の種牡馬を調べました。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ヘニーヒューズ
・ハーツクライ
・マジェスティックウォリアー
・アイルハヴアナザー
・パイロ
・ルーラーシップ

です。

特に注目は勝率・複勝率共に好成績のヘニーヒューズ産駒で今回はレピアーウィットが該当しています。

 

今回の該当馬は

 

スワーヴアラミス
オメガレインボー
オレンジペコ
タイムフライヤー
ダンツキャッスル
デルマルーヴル
ロードゴラッソ
レピアーウィット

 

以上8頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 5歳以下
② 前走ダート1700~2000m
③ 前走2着以内 且つ 2番人気以内

④ 前走上り1位or4角1番手

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

アメリカンシード

 

以上1頭です。

6歳以上の馬も圏内には来ているのですが、このレースはとにかく5歳以下馬の複勝率が40%もあり、過去10年の勝ち馬の内9頭が5歳以下馬となっています。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走3勝クラス以上
② 前走ダート1700~2000m
③ 前走6着以内 且つ 4角6番手以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

オメガレインボー
ケイティブレイブ
ダンツキャッスル
デルマルーヴル
トップウイナー
ヴェンジェンス

 

以上6頭です。

穴馬に関しては6歳以上の好走も目立ちます。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

今年は函館開催ではあるが、このレースのポイントは上記でも述べたが5歳以下・逃げ・先行馬だと思う。

除外対象馬を除くと、この条件に合致しそうな馬はアメリカンシードとこの馬だけ。

また穴馬消去法でも挙げた馬であり、想定人気から考えると妙味は十分。

(B) ダンツキャッスル

脚質的にはマイナス要素だが、前走・前々走は斤量差で恵まれたがスワーヴアラミスとの比較で考えると、この馬も十分圏内の可能性ありだと思う。

血統傾向・穴馬消去法で挙げた馬であり、同コースは2戦1勝3着1回の実績あり。

現在5戦連続圏内という安定性も買い材料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です