エルムステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はエルムステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では2~12番ゲート有利と判断しています。

現時点の単勝オッズ・総合オッズを見るとアメリカンシードとソリストサンダーの上位人気はほぼ確実ではあるが、単勝オッズ・総合オッズではスワーヴアラミス・ウェスタールンド・オメガレインボーが3~5番人気を争う形。

よって今回は上位人気馬5頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠3番アメリカンシードですが、この馬は揉まれると2走前のような惨敗もあり得るので、この枠はどうだろう?

ただトップウイナーとレピアーウィットが外目に入ったので、スタートさえ決めてくれれば自分の形に持ち込めるはず。

 

次に3枠4番スワーヴアラミスですが、内からアメリカンシード・外からトップウイナーとレピアーウィットが出てきそうで、この馬も揉まれ強いタイプではないので微妙。

ある程度出して行って2~3番手くらいの位置は欲しいですね。

 

次に4枠6番ウェスタールンドですが、昨年好走した時が5枠で今回は4枠ということで問題ないでしょう。

心配なのは馬体が絞れるかだけ。

 

次に5枠7番ソリストサンダーですが、中団からの差し馬で問題ないでしょう。

基本的に前有利なレースなのであとは前が流れるかどうか。

 

最後に8枠13番オメガレインボーですが、前走のように捲る競馬ならチャンスありですが、この枠からとなると…あまり良い枠とは思えない。

 

本命馬も対抗馬も基本的には1~4番人気から選ぶのが基本。

かなりの大混戦やハンデ戦でもせいぜい6番人気くらいまでから選びます。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の本命馬は

 

3枠3番アメリカンシード

 

枠順の危うさはあるが、とにかくこのコースは前に行ったもの勝ち。

上位人気馬の中で1番前目を取る可能性が高く、スタートさえ決めてしまえば枠順的に先手を取れるのではないか。

 

対抗馬は

3枠4番スワーヴアラミス
4枠6番ウェスタールンド
5枠7番ソリストサンダー

 

枠順的に怪しいスワーヴアラミスとオメガレインボーの取捨で迷ったが、前走の直接対決でオメガレインボーは1,5キロ差の斤量の恩恵を受けながら負けている。

ここは実力的な評価でオメガレインボーを切った。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが3連単勝負です。

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着) 
3枠3番アメリカンシード

(2・3着)
3枠4番スワーヴアラミス
4枠6番ウェスタールンド
5枠7番ソリストサンダー

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×18点

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着)
3枠4番スワーヴアラミス
4枠6番ウェスタールンド
5枠7番ソリストサンダー

(2・3着)
3枠3番アメリカンシード

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×18点

(計 3600円)

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

今年は函館開催ではあるが、このレースのキーワードは5歳以下と逃げ・先行馬だと思う。

このキーワードに合致しそうな馬はアメリカンシードとこの馬だけ。

人気から考えると妙味は十分でしょう。

(D) レピアーウィット

函館コース初の馬ではあるが、特にこの2年の良績は小回りコースに集中している。

この馬も(C)馬と同じく前に行ってこその馬。

鞍上も積極的な騎手に乗り替わりプラス材料だと思います。

(E) ?????

週中候補馬にダンツキャッスルを挙げていたが最内枠は痛い。

逆に今回前走に比べて枠に恵まれたこの馬を挙げたい。

前走は大外枠から掛かって暴走気味の大惨敗。

今回は前に壁を作れる配置に入った。

近2走の敗戦が衰えなのか枠なのかはまだはっきりしないが、前走の敗戦で実績に比べかなり人気を落としている今回が買い時かもしれません。

これでまた惨敗だったら終わってるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です