エルムステークス2020予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回はエルムステークス2020の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 


まずは枠順傾向から見ていきます。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝率・複勝率共に好走馬は8番ゲート以内に集中しています。

内枠有利と考えて良いでしょう。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

外枠からも好走馬は出てはいるが、やはりこちらも内枠有利ではないでしょうか。

 

上記のデータを考慮して

 

1~8番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

2013年を除く過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 牡馬・セン馬
② 前走ダート1700m以上
③ 前走6着以内

 

今回の該当馬は

 

アディラート
アルクトス
サトノティターン
ハイランドピーク
バスカヴィル
ヒラボクラターシュ

 

以上6頭です。

 


前回の記事では穴馬候補を1頭挙げましたが、今回は2頭目の穴馬候補を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

穴馬消去法からこの馬を挙げます。

距離はギリギリだが、近走はG1常連組と差の無い競馬をしていて、前に行ける脚も十分備わっている。

内枠にさえ入れば、このくらいのメンバーなら十分食い込める余地はあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です