エリザベス女王杯2020予想  過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

今回はエリザベス女王杯2020の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは阪神競馬場で行われる芝2200m戦。

今年は京都競馬場改修工事のため阪神開催となります。

想定オッズではラッキーライラック・ノームコア・ラヴズオンリーユーの3強。

ただ下位勢にも面白そうな穴馬がいますので、楽しみな1戦になりそうです。

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

今年は阪神開催となるので、同条件に近い500万クラス以上同コース同距離開幕1~4日目のレースを参考にデータを検索しました。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見るとマクリも先行策というなら複勝率では逃げ・先行がかなり有利です。

また、上り1・2位の成績も良いですね。

今年のメンバーを見ると逃げ馬が殆んど見当たらず、敢えて言えばロサグラウカくらい。

先行馬と言えそうな馬も僅かしかいない。

そうなるとペースもあまり上がらなさそうで、脚質傾向通りの前が有利な展開ではないだろうか。

こうなるとこの後の枠順傾向の話と関係してくるが、内枠先行というのが馬券の近道かもしれません。

あとは枠順待ちですね。

 


次は枠順傾向です。

こちらも同じく500万クラス以上同コース同距離開幕1~4日目のレースを参考にデータを検索しました。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると1~6番ゲートの複勝率が際立って高いです。

次いで7~11番ゲートくらいまではソコソコの複勝率。

12番ゲート以降はあまり良くないですね。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると内枠が完全有利とは言えなく、1~11番ゲートまでは平均的に好走馬が出ているようです。

 

上記のデータを考慮して

 

1~11番ゲート有利

 

と判断します。

ただ絞るなら1~6番ゲートでしょう。

 


次に血統傾向です。

こちらも同じく500万クラス以上同コース同距離開幕1~4日目のレースを参考にデータを検索しました。

但しサンプル数10走以上の種牡馬だけです。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ルーラーシップ
・キングカメハメハ
・ハービンジャー
・ハーツクライ
・ディープインパクト

です。

 

今回の該当馬は

 

ウラヌスチャーム
カーロバンビーナ
サトノガーネット
サラキア
シャドウディーヴァ
センテリュオ
ソフトフルート
ノームコア
ラヴズオンリーユー
リアアメリア
リリーピュアハート
ロサグラウカ

 

以上12頭です。

 


次に消去法です。

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 5歳以下
② 前走牡馬混合戦出走馬又は前走G1で2着以内or2番人気以内or前走G2牝馬限定戦は1着or1番人気
 前走1着馬とのタイム差0,3秒以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

センテリュオ
ノームコア

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 

次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 4歳以上
② 前走クラスG2以上
③ 前走5着以内or5番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

サムシングジャスト
サラキア
シャドウディーヴァ

 

以上3頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A)

このレースはとにかく3・4歳馬が強い。

しかし今年の3歳馬はレベルが疑問視されている。

そこで穴目で狙えそうな数少ない4歳馬のこの馬。

ある程度前目で競馬が出来そうですし、11戦して圏外は2度だけという安定性もある。

前走は長期休養明けで2着だったので、叩いた上積みもありそうです。

(B)

勢いに乗ったディープインパクト産駒は買い。

脚質が定まらない馬だが、前走のように前目で競馬が出来ればチャンスはありそう。

鞍上が変わって2連勝で馬との相性も良さそう。

距離が微妙だが、去年のエリザベス女王杯もコンマ4秒差の6着。

こなせない距離でも無いと思うので、あとは今の勢いに期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です