エプソムカップ2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回はエプソムカップ2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは東京競馬場で行われる芝1800m戦。

近2年はかなり荒れましたが、それ以前は比較的堅めのレース。

ただ今年も下位人気馬には面白そうな穴馬が数頭いて、上位人気馬も人気先行タイプの馬が揃った感じ。

荒れる要素は十分あると思っていますので楽しみなレースです。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると明らかに逃げ・先行勢が有利なレースです。

ただ今年はダービー週くらいから外差し傾向が目立っています。

そこ辺りの判断は迷いますが、昨年のエプソムカップ1週前の安田記念週日曜日も差し馬場でした。

そしてエプソムカップのあった当日も差し馬場であったにもかかわらず、エプソムカップでは完全前残り決着。

外差し馬場の可能性もあるがこの傾向は今年も変わらずと判断して予想していきます。

 

まず注目は逃げ・先行勢で圏内に入った16頭中14頭が

 

前走4角4番手以内 又は 当日6番ゲート以内

 

コース形態的にスタートして間もなくコーナーに差し掛かり物理的に内枠有利。

この特性を活かして普段先行しない馬でも6番ゲート内に入った馬は先行することが多々ある。

ですが現時点で6番ゲート以内で先行策を取る可能性のある馬はどれかと言われてもわかりませんが、前走4角4番手以内ということなら現時点である程度目星は付けられそう。

ただ前走先行した馬は9頭もいるのでそこから逃げ・先行タイプを絞り込むとすれば、前走逃げ切り勝ちのシュリ、2走前に逃げ切り勝ちで今回積極策が多い川田騎手に乗り替わりのファルコニア、常に先行策のアトミックフォース・セダブリランテス・ミラアイトーンの5頭は注目したいです。

この5頭の中で6番ゲート以内に入った馬は更に注目ですね。

 


次は枠順傾向です。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

脚質傾向でも触れましたが、これを見ると勝ち馬10頭中6頭が6番ゲート以内から出ています。

複勝率で見ても内枠有利ということは明白です。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると7番ゲート以内までに好走馬が多く集まっており、8番ゲート以降から圏内に入った4頭全てが4角3番手以内の積極策で好走している。

要はいかに早めに内を取れるかということを物語っています。

 

上記のデータを考慮して

 

1~7番ゲート有利

 

と判断します。

ただ逃げ・番手くらいで競馬をしてきそうな馬なら外枠でも軽視は禁物でしょう。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ミスプロ系

又は

母父に

・ロベルト系

です。

近3年はミスプロ系の好走が目立ちます。

そしてロベルト系も毎年満遍なく好走馬が出ていますね。

あとステイゴールド産駒の好走はソーグリッタリングの影響が大きく、ディープインパクト産駒も好走馬は多いですが複勝率では16,7%という低い数字。

今回は対象から外しました。

 

今回の該当馬は

 

アトミックフォース
セダブリランテス
フランツ

 

以上3頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走OPクラス以上
② 前走2着以内or2番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

現在の想定4番人気にヴェロックスが入っていますが、川田騎手がファルコニアに騎乗予定。

先週の安田記念でダノンプレミアムを蹴ってダノンキングリーを選んで優勝したことも考えるとファルコニアが4番人気以内になると考えています。

それを踏まえて上記の条件に該当する馬は

 

アルジャンナ

 

以上1頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走重賞出走馬は5着以内or5番人気以内or4角4番手以内
② 前走1600万クラス勝ち 且つ 連勝馬

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

エアアルマス
ザダル
ヒュミドール
ヤシャマル
ヴェロックス

 

以上5頭です。

先ほども書きましたがヴェロックスは5馬人気以下想定です。

 

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

上記でも書きましたが、外差し傾向は続いているが現時点ではあくまで内枠前有利で馬券を組み立てていきます。

(A) ?????

このレースはとにかく先行馬中心で攻めたい。

徹底した先行タイプで、血統傾向でも書いたミスプロ系の馬は今回この馬だけ。

昨年もこのレースに挑戦して11番ゲートからで5着と善戦。

とにかく内さえ取れればオッズ的にも一発の魅力ありだと思います。

(B) セダブリランテス

年齢を重ねてもキャリア事態は浅く使い減りはしていない。

この馬も(A)馬と同じく先行タイプで、血統傾向で推した今回の登録馬でも数少ない母父ロベルト系。

近3走全て半年以上の休みを空けなければ使えなかった馬が今回は中11週での出走。

それだけでも十分プラス材料で、体調が万全であればキャリアと実績を考えても狙える要素十分でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です