アーリントンカップ2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はアーリントンカップ2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~5番ゲート不利と判断しています。

そして明日の天気は予報では重馬場の可能性大。

そうなるとやはり内馬場が荒れそうで、中~外枠が有利になるのではないでしょうか。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは6枠11番ジュリオですが、前走こそ逃げましたがそれ以前の好走脚質は差し。

トーホウディアスが枠順的にも逃げ濃厚で、ほかのメンバーを見渡しても果敢に先行するということもなさそう。

枠順的にも好位追走くらいが予想される。

配置的には問題ないと思います。

 

次に4枠8番ピクシーナイト5枠9番ホウオウアマゾンですが、どちらも今回先行策が濃厚な2頭。

内過ぎず外過ぎす配置的にはベストな気がします。

 

最後に8枠16番ジャスティンカフェですが、重馬場想定なので外枠は良いと思います。

ただ配置的にはちょっと極端すぎるかも。

決め手のある馬ではあるが、5~6枠くらいがベストだったかな。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

(1着)
5枠9番ホウオウアマゾン
6枠11番ジュリオ

(2着)
穴馬(C)(D)(E)

各400円×6点

(計 2400円)

 

馬単勝負です。

どの馬も甲乙つけ難いのだが、上位人気馬から頭で選んだのはホウオウアマゾンとジュリオ。

 

まずジュリオだがこれは自分の採点データのみで選んだ。

血統・脚質・上位人気消去法の記事の3項目で全て名前が挙がったのはこの馬だけ。

最近は人気が被ったルメール騎手は嫌いたくなるが、このくらいの人気なら逆に妙味があると思います。

 

次いでホウオウアマゾンだが、デイリー杯では朝日杯1番人気3着馬のレッドベルオーブとタイム差なしの2着という実績を持つ。

朝日杯では凡走したが不利な外枠を引いたのが痛かった。

今回は枠順的にも問題なく好走を期待したい。

 

迷ったがピクシーナイトは消した。

確かに前走勝利したシンザン記念の2・3着馬は既に重賞勝ちしているが、その時はまさかと言える奇策の逃げ。

今回ばかりは前走のような競馬ができるとは思えない。

福永騎手なら今回は勝つことより競馬を教えることに専念しそう。

あと2戦目の大出遅れも気になるところです。

 

ジャスティンカフェも良い馬だと思うのですが、ここまで人気になるとちょっと買いたくないかな。

500万クラスで負けた馬を頭固定にするには心許ない。

週中推奨穴馬だっただけに穴馬なら迷わず狙ったが…

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

母は重賞3勝を挙げていて兄も重賞勝ち馬。

走れる素質は十分秘めている。

父の距離適性からすると距離はギリギリかもしれないが、連勝中で勢いがあり穴馬消去法の記事でも挙げた馬なので期待しています。

(D) ?????

週中穴馬推奨馬ジャスティンカフェが結構な人気になってしまったので、代わりにこの馬を挙げます。

阪神コースは既に3戦していてすべて連対。

1600m戦は2戦して1勝1連対という成績。

前走は痛恨の出遅れで大外ぶん回し上り最速勝利。

内容は褒められたものではないが、ある意味能力を示した内容でオッズを考えると狙う価値はありそう。

(E) レイモンドバローズ

この馬も(C)馬と同じく連勝中で穴馬消去法の記事で挙げた馬。

左回り巧者という可能性もあるが、前走は2~5着馬まで後方勢独占の中唯一前目で粘り込んだところは見込みあり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です